川崎がベスト16敗退…。120分では決着つかず、PK戦の末に蔚山との日韓頂上決戦に敗れる【ACL】

川崎がベスト16敗退…。120分では決着つかず、PK戦の末に蔚山との日韓頂上決戦に敗れる【ACL】

ACL川崎がPK戦で8強を逃す

川崎がベスト16敗退…。120分では決着つかず、PK戦の末に蔚山との日韓頂上決戦に敗れる【ACL】

キャプテンマークを巻いたL・ダミアンが果敢にゴールを狙ったが…。(C)2021 Asian Football Confederation (AFC)



 川崎フロンターレは9月14日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16で蔚山現代FC(韓国)と対戦。0-0で突入したPK戦に2-3で敗れ、ベスト16敗退を喫した。

 J1王者の川崎が挑むのは、前回のACL覇者で、現在韓国リーグの首位を走る蔚山。大一番に川崎は、レアンドロ・ダミアン、小林悠、家長昭博と強力なメンバーを前線に並べて臨んだ。

 川崎が開始直後の1分にさっそく決定機を得る。速攻からのスルーパスに抜け出した小林が狙いすましたシュートを放つも、相手GKの好セーブに阻まれる。

 その後は相手の前からの激しいプレスに苦戦。クロスやカウンターなどから決定機を作られるも、CBのジェジエウ、山村和也が身体を張って得点を許さず。攻撃では30分のシーンなど、右サイドでの連携から山根視来が再三クロスを上げるが、ゴールには繋がらない。
 
 後半は川崎がセカンドボールをしっかりと拾い、攻勢を強める。64分には、ジョアン・シミッチのワンタッチパスに反応した脇坂が、ペナルティエリア右からシュートを放つも、これはミスキックに。

 川崎はボールを保持しながらもなかなかシュートに持ち込めず、0-0で突入した延長戦も互いに決め手を欠き、試合はPK戦へ。川崎はこのPK戦を2-3で落とし、2017年以来、4年ぶりの8強入りとはならなかった。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】華麗なパスワークから放った脇坂泰斗のミドルシュート!
 

関連記事(外部サイト)