最新FIFAランク発表! 2ランクダウンの日本はアジアトップの座も陥落。1位は変わらずベルギー

最新FIFAランク発表! 2ランクダウンの日本はアジアトップの座も陥落。1位は変わらずベルギー

FIFAが最新の世界ランクを発表。前回24位の日本は2ランクダウンの26位に。(C)JFA



 FIFA(国際サッカー連盟)は9月16日、最新の世界ランキング(男子)を発表した。

 1位ベルギー、2位ブラジルは前回と変わらず。上位陣では3位のフランスがひとつ順位を落とし、4位のイングランドと入れ替わった。

 前回24位の日本は2ランクダウンの26位。22位にランクアップしたイランにアジアトップの座を奪われる形に。9月に始まったカタール・ワールドカップのアジア最終予選の結果が響いたか。日本は2節・中国戦で予選初勝利もオマーンとの初戦に敗れた一方、イランはシリアに1-0、イラクには3-0と2連勝を飾っている。
 
最新FIFAランキングの上位30傑とAFCのトップ5は以下の通り。

1 ベルギー
2 ブラジル
3 イングランド
4 フランス
5 イタリア
6 アルゼンチン
7 ポルトガル
8 スペイン
9 メキシコ
10 デンマーク
11 オランダ
12 ウルグアイ
13 アメリカ
14 ドイツ
15 スイス
16 コロンビア
17 クロアチア
18 スウェーデン
19 ウェールズ
20 セネガル
21 ペルー
22 イラン
23 チリ
24 ポーランド
25 チュニジア
26 日本
27 ウクライナ
28 セルビア
29 オーストリア
30 アルジェリア

AFC TOP5
22 イラン
26 日本
32 オーストラリア
36 韓国
43 カタール

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?