【WEリーグ】なでしこリーグ王者・浦和Lが開幕2連勝で首位浮上! 大宮V対新潟L、千葉L対EL埼玉は痛み分け|2節

【WEリーグ】なでしこリーグ王者・浦和Lが開幕2連勝で首位浮上! 大宮V対新潟L、千葉L対EL埼玉は痛み分け|2節

大宮Vは橋の直接FK弾で同点に追いつき、勝点1を獲得した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 日本初の女子プロリーグ『WEリーグ』第2節の3試合が、9月20日に各地で開催された。

 開幕戦で日テレ・東京ヴェルディベレーザを相手に2-1と勝利を収めた三菱重工浦和レッズレディースは、ホームの浦和駒場スタジアムでノジマステラ神奈川相模原と対戦した。

 試合は浦和Lが10分、左CKからファーサイドに走り込んだ高橋はなが頭で合わせて幸先よく先手を取る。後半も主導権を握ると、さらに終盤の82分にも味方のスルーパスに裏へ抜け出した菅澤優衣香が、冷静に相手DFを交わして流し込み追加点。このまま終了し、2-0の完勝を収めた浦和Lが、開幕2連勝で首位に浮上した。

 お互いに前節敗戦を喫した大宮アルディージャVENTUSとアルビレックス新潟レディースの一戦は開始7分、左サイドからの北川ひかるのアーリークロスに、ゴール前に飛び込んだ道上彩花が左足で合わせて新潟Lが先制点を奪う。

 1点のビハインドを負った大宮Vは50分、ペナルティエリア手前中央でFKを獲得。キッカーを務めた橋美夕紀がグラウンダーのシュートを放つと、壁に当たってボールの軌道が変わり、ゴールに吸い込まれた。この大宮Vの大会初ゴールが同点弾となり、1-1の痛み分けで決着した。

 また、ジェフユナイテッド千葉レディースは初戦となるホームでのちふれASエルフィン埼玉戦に臨み、相手に先制される展開も、34分に岸川奈津希のヘディング弾で同点に追いつき1-1のドロー。勝点1を獲得している。
 
 9月20日に行なわれた第2節の結果は以下のとおり。

大宮V 1-1 新潟L
千葉L 1-1 EL埼玉
浦和L 2-0 N相模原

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【WEリーグ第2節PHOTO】大宮V1-1新潟L|終盤猛攻を見せるも、新潟の堅い守備を崩せずドロー決着!

【PHOTO】左サイドを駆け上がりチャンスを創出!チームに欠かせない存在の仲田歩夢!

【PHOTO】高速クロスで先制点をアシスト!攻守で躍動した北川ひかる!
 

関連記事(外部サイト)