前橋育英の10番・笠柳翼が長崎入団内定! 41歳名手のプレーに抱いた憧れと感銘受けた人間性「本当に凄い人だと…」

前橋育英の10番・笠柳翼が長崎入団内定! 41歳名手のプレーに抱いた憧れと感銘受けた人間性「本当に凄い人だと…」

前橋育英からJ2長崎への入団が内定した笠柳。写真:安藤隆人



 10月4日、前橋育英MF笠柳翼の来季Vファーレン長崎入り内定が発表された。今年から前橋育英の10番を背負う彼にとって、これはまさに『不退転の覚悟』を持って掴み取ったものだった。
 
「A代表を見ていても海外でプレーする選手がほとんどで、そうしないとA代表に入れない流れになっています。その大半が高卒プロもしくは高校でプロデビューしている選手ばかり。それに五輪代表を見ても、以前は国内の選手が多かったのに、東京五輪では多くが海外組という現実も見ました。だからこそ、逆算して早くプロの世界に飛び込みたいと思っていました」

 自分の未来から逆算をした上で、高卒プロになることを心に決めていた。だが、決意をしただけでその権利を掴み取れるわけではない。それに昨年の彼は常に交代の1番手ではあるが、スタメンを飾ることができない『12番目の選手』だった。

「自分の中では2年で活躍をしてプロから声をかけてもらうイメージだったのですが、昨年は途中出場という枠から飛び出せなかった。武器であるドリブルも出し切れた印象はなく、苦しい時期だったのですが、年が明けた時に『新チームになったら絶対に中心として活躍して、プロからのオファーを掴む』と改めて強い覚悟を持ち直すことができた」

 彼が狙っていたのは春のフェスティバルでの『爆発』だった。得意のドリブルを駆使して、ゴールを奪い切れる選手になる。自主トレで仕掛けからフィニッシュまでの形を、常に実戦をイメージしながら黙々と取り組み、何度も左右の足を振り抜いた。すると3月のプーマカップ群馬で彼は左サイドハーフとして切れ味抜群のドリブルと、アタッキングエリアに入ってからシュートとパスの判断力の高さを示して、前橋育英の攻撃の中枢として大きく飛躍してみせたのだ。

 この大会を境に、Jクラブのスカウトの口から「笠柳」という名前を耳にする機会が増えた。プリンスリーグ関東が開幕してからも、彼のドリブルの切れ味はもちろんのこと、球離れのタイミングと受け直してからの仕掛けのスピードなど、アタッキングエリアでの精度の高いプレーは観る者を惹きつけた。
 

 だが、彼の元にオファーが殺到したかというとそうではなかった。「本当にオファーが来るのか」と不安に思いながらも、「自分にできることはアピールし続けるしかない」と前だけを向いて日々の練習や試合に取り組んだ。
 
 そしてインターハイの数週間前、ついに彼のもとに長崎の練習参加の打診が届き、「何がなんでもオファーを掴みとる気持ちで臨んだ」と練習に参加。そこで見た世界は彼にとって刺激的で、改めて高卒プロへの思いを強くさせることになった。

「驚いたのは選手同士ですごくコミュニケーションをとっていたんです。まだ加入も決まっていない練習生で高校生の僕に対しても、まるでチームの一員のようにアドバイスをくれたり、緊張を解いてくれるような接し方をしてくれたんです。特に玉田圭司さんは最初、練習メニューすらも分からない僕に対して、『この練習はこうするんだよ』とか、『こういう流れだよ』と丁寧に教えてくれたんです。食事の時にも気を遣って話しかけてくれたり、本当に優しいというか凄い人だと思いました」

 習志野高から柏レイソルに入団してキャリアをスタートさせた玉田は、プロ23年目の大ベテランで、A代表でもドイツ・ワールドカップに出場し、ブラジルからゴールを挙げている名プレーヤー。41歳になる偉大な選手が高校生である自分に親身になって接してくれる。プロ選手たちの人間性に彼は大きな感銘を受けた。さらにプレー面でも大きな学びを得た。

「玉田さんは攻撃でタメが作れる選手。高い位置でボールが収まって時間を作ることができれば、周りが前向きにプレーできるし、精神的にも安心感を与えられる。玉田さんはそれを当たり前のようにやって、ピッチにいるどの選手ともつながっているというか、玉田さんがボールを持てば周りが裏に抜け出したり、ポジショニングを整えられるという感じだったので、僕もそういう選手になりたいと思って取り組むようになりました」

 もっと玉田と一緒にプレーをしたい。長崎でプレーしたい。そう思いを抱いて群馬に戻ったが、正式オファーは届かず、「インターハイを見てから」という保留の回答となった。「もうインターハイで結果を出すしかない」と臨んだインターハイだったが、初戦の専大北上戦で2ゴールを挙げ、7-1の大勝に貢献するも、2回戦では東山に0-1の敗戦。早々に姿を消す結果となってしまった。

「もう大学に行くしかないのか……」。そう思っていた9月、長崎から正式オファーが届いた。

「もうびっくりしましたし、感謝の気持ちしかありませんでした」と、迷わず長崎への加入を決断した。
 
 内定発表前日の3日に行なわれたプリンス関東・第14節の昌平戦。約1か月ぶりの公式戦となったこの試合で、笠柳はコンディション面を考慮されベンチスタートだった。1-0のリードで迎えた後半スタートから左サイドハーフとして投入されると、得意のドリブルは抑えながらも、複数人に囲まれてもうまく身体を使ってボールを収め、相手が食いついてきた瞬間にパスで離して、また受け直して時間を作るなど、玉田から学んだキープ力とテンポの良いパス出しで攻撃の起点となった。
 
 後半、流れを掴んだ前橋育英は2点を追加し、3-0の快勝。笠柳は長崎で学んだことをフルに発揮し、前橋育英の10番として大きな存在感を放った。

「今年に入って、この進路のために全ての力を注いできたと言っても過言ではありません。だからこそ、これからが重要になってくると思います」

 こう力強く語った彼の心の中には常に長崎の日々がある。
「長崎での時間はすごく刺激に満ちていました。玉田さんだけではなく、歳の近い植中朝日選手からも、練習から貪欲にDFの背後を狙い続ける姿勢や、前への推進力を学びました。鍬先祐弥さんからは集中力のコントロールを学びました。普段あんなに優しいのに、練習や試合になるとスイッチが切り替わる。どれも僕が身につけたいと思っていること。プロとしてあの場所でプレーできる喜びが大きいからこそ、人間性も含め、長崎で成長するためにこれからも学びと努力をしていきたいと思います」

 内定をもらえたことがゴールではない。次に自分が何をすべきか理解しているからこそ、彼は立ち止まることなく、自分の望むべき未来に向けて早くもリスタートを切っている。刺激溢れる場所への思いとともに。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)