「動けなくなるまで、動くしかない」敵地でのサウジ戦に向け、浅野拓磨は“全力”を強調

「動けなくなるまで、動くしかない」敵地でのサウジ戦に向け、浅野拓磨は“全力”を強調

最終予選の難しさを感じている浅野。それでも、日本の実力を出し切れば勝てると信じている。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 少なからず、もどかしさを感じていたのかもしれない。

 オマーン、中国と対戦した9月シリーズは未招集だった浅野拓磨は、森保ジャパンの戦いぶりを「全部は見れていない」が、0-1で敗れたオマーン戦、1-0で勝った中国戦を受けて、思うところがあったようだ。

「シンプルに、最終予選になって一気に難しい戦いになったなと感じました」

 2試合を終えて、日本は勝点3のグループ4位。「ちょっと窮屈というか、出し切れていない感じがしました」と、浅野は言う。

 日本に何かしらの課題があったとは考えるが、それよりも――。

「アジアのレベルも上がってきているのは間違いないですけど、自分たちがやれることをピッチで100パーセント表現できれば、勝利を掴めると感じました」

 日本の力はこんなものではない。そう信じている。

 10月4日のオンライン取材に応じた浅野は、「全力」という言葉を繰り返した。

「サッカーは1点取って、ゴールさえ与えなければ、勝つスポーツ。そこに一人ひとりがフォーカスして、やれることを全力でピッチで表現できれば」
 
 今回の10月シリーズは、敵地でのサウジアラビア戦、ホームでのオーストラリア戦が組まれている。まずはサウジアラビア戦に向けて、浅野は気合いを入れる。

「ピッチに立てれば、動けなくなるまで動くしかない。そういう戦いを貪欲に表現したい」

 持ち前の驚異的なスピードに加え、がむしゃらにピッチを駆け回り、チームに活力を与えるような活躍を期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】W杯アジア最終予選サウジアラビア、オーストラリア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)