「面と向かって言え」ナポリDFが敵サポーターの“サル呼ばわり”に激昂。黒人選手3人が人種差別の被害、フィオレンティーナは謝罪

「面と向かって言え」ナポリDFが敵サポーターの“サル呼ばわり”に激昂。黒人選手3人が人種差別の被害、フィオレンティーナは謝罪

クリバリ(奥)やオシメーン(手前)への悪質な野次が問題となっている。(C) Getty Images



 逆転負けしたフラストレーションなど、まったく関係ない。サッカーの試合結果によらず、人種差別が許されないことは言うまでもないことだ。

 10月3日のセリエA第7節、フィオレンティーナ対ナポリの一戦で、観客からナポリの黒人選手たちに対する人種差別があったようだ。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』などが報じている。

 試合は前半にフィオレンティーナが先制。だが、ナポリが追いついてハーフタイムを迎え、後半立ち上がりに逆転して逃げ切った。ナポリは開幕7連勝で単独首位を維持。フィオレンティーナは5節のインテル戦同様、強豪相手に善戦するも3試合で2つ目の黒星を喫している。

 問題は、試合が終わってからだ。ホームスタジアムの一部観客から、カリドゥ・クリバリやヴィクター・オシメーン、アンドレ・アンギサに対する差別野次が飛んだという。報道によれば、オシメーンやアンギサは皮肉の冷笑を浮かべてピッチを後にしたそうだ。

 しかし、長年イタリアでプレーする中でたびたび人種差別の被害に遭ってきたクリバリは、怒りを露にしたという。報道によると、クリバリは自身を「サル」と罵倒した者に、「勇気があるならここに来て面と向かって言ってみろ」と激昂した。

【画像】人種差別的発言に激昂するクリバリと怒りの投稿
 フィオレンティーナの幹部であるジョー・バローネは、試合後にナポリのロッカールームを訪れて謝罪したとのこと。また、クラブとしてフィオレンティーナは差別を絶対に許さないとの姿勢を示したそうだ。クラブの今後の対応が注目される。

 一方、オシメーンはその後、SNSで「子どもや親と話し、肌の色で個人を憎むのがいかにおぞましいものかを、分からせなければいけない」と、差別撲滅を目指した教育の大切さを訴えた。

 報道によると、この日の試合ではナポリ地域に対する侮蔑も繰り返されたという。イタリアでは各地で「ヴェスービオ(火山)、あいつらを洗い流せ」というナポリ差別のチャントが有名だ。

 イタリアにおける人種差別問題は周知のとおり。一刻も早く、愚かな行為を根絶できるように願うばかりだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

関連記事(外部サイト)