「興味深い選手だ」三笘薫の鮮やかなアシストに、保有元ブライトンの番記者が反応!「来年が楽しみ」

「興味深い選手だ」三笘薫の鮮やかなアシストに、保有元ブライトンの番記者が反応!「来年が楽しみ」

ベルギーで研鑽を積んでいる三笘。切れ味鋭いプレーで少しずつ順応している。(C)Getty Images



 現地時間10月2日に行なわれたベルギー・リーグ第10節で、今夏に三笘薫が加入したユニオン・サン=ジロワーズがアウェーでセルクル・ブルージュと対戦した。

 この試合でベンチスタートとなった三笘は、2-0とリードした83分にピッチに送られた。そして、わずか1分で結果を残すのだ。

 左サイドでボールを受けると、ドリブルで敵陣に猛進。エリア内でDF2人と対峙するも、鮮やかな切り返しで縦に突破して浮き球のパスを中へ送り、走り込んできたロイク・ラプサンのゴールをお膳立てした。これが24歳のドリブラーにとって、移籍後初アシストとなった。

 試合から2日後、ユニオンSGの公式SNSは、三笘のアシストを含めたゴール動画を公開。「ピッチに立ってたった1分で、素晴らしい動きをみせて初のアシストを記録した」と称えている。

【動画】出場後1分で移籍後初アシストをマーク! 三笘薫が見せた鮮やかなドリブルからのパスをチェック!
 
 この動画には多くの日本人ファンが称賛の声をあげているほか、ユニオンSGと同じオーナーが所有し、三笘の保有元であるプレミアリーグのブライトンに関わる人々も反応している。

 現地紙『The Argus』のブライアン・オーウェン記者は引用RTで、「サブとして入って1分後の出来事」とコメントを添えて紹介。現地のファンサイト『We Are Brighton』や『Albion Analytics』も三笘の仕事ぶりに感嘆している様子だ。また、現地ファンからは「クラックがいる」「来年が楽しみ」といった声も寄せられている。

 先日行われたベルギーカップ5回戦のレブベーケ戦で初ゴールをマークしたのに続き、このS・ブルージュで初アシストも記録した三笘。昇格組ながら、首位のクラブ・ブルージュ、2位のアントワープ(ともに勝点20)に1ポイント差で3位につけているユニオンSGでの定位置奪取は簡単ではないが、限られた時間で目に見える結果を残した日本人アタッカーの存在は、少しずつ認められてきているといえそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ブライトンのブルー×白カラーのユニホームを着た三笘薫の姿を披露

【PHOTO】相手を一瞬で置き去りに!三笘薫のドリブル突破を「連続写真」で特集!

関連記事(外部サイト)