「普段の私服に付いていてもおかしくない」G大阪“新エンブレム”のデザインをクラブOB加地亮が絶賛!

「普段の私服に付いていてもおかしくない」G大阪“新エンブレム”のデザインをクラブOB加地亮が絶賛!

G大阪がJ1第31節の札幌戦にて、来シーズンより新たに使用するエンブレムを発表した。写真提供:ガンバ大阪



 ガンバ大阪は10月2日のJ1第31節・札幌戦で、2022年シーズンから採用する新エンブレムを発表。スペシャルゲストとして来場した特命広報大使でクラブOBの加地亮氏とPRマネージャーで俳優の山本涼介さんが、初お披露目となった新エンブレムの印象を語った。

 試合前のピッチ上にて、G大阪の公式スタジアム応援番組『Love Football』に出演した加地氏と山本さんは、新たなエンブレムの発表会にも参加。新エンブレムの印象について加地氏は、「サッカー感が全くないですね。青と黒のシンプルなデザインで、スマートでかっこ良い。どこか海外のようなマークで新鮮でよいですね。普段の私服に付いていてもおかしくない」と絶賛した。
 
 山本さんは、「ガンバのGも入っていて、シンプルでおしゃれでかっこ良い! Jリーグチームにはまだないデザインですね。本当に私服でも使えそうですね」とポジティブな印象を語った。

 またG大阪の小野忠史社長は、新たなエンブレムを発表するに至った経緯を説明。「私たちはこれまでの30年の歴史も胸に刻みながら、新たなガンバ大阪の歴史を作るべく、その一歩を踏み出すことを決意いたしました」と力強く語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)