「柏の宝」「めっちゃ期待!!」柏U-18の3選手が来季昇格内定!サポーターも歓喜の声

「柏の宝」「めっちゃ期待!!」柏U-18の3選手が来季昇格内定!サポーターも歓喜の声

期待の3選手。左から田中、升掛、真家。(C)KASHIWA REYSOL



 柏レイソルは10月6日、柏U-18所属3選手の来季トップチーム昇格内定を発表した。

 DF田中隼人は188センチの大柄なレフティ。今季開幕時に2種登録され、ルヴァンカップのグループステージで3試合の出場経験を持つ。中谷進之介、中山雄太、古賀太陽らA代表歴を持つ柏アカデミー出身の先輩の系譜を継ぐ期待の逸材だ。

 FWの真家英嵩はU-18チームのエースストライカー。昨年夏の大怪我を乗り越えて、トップ昇格を勝ち取った。同じくFWの升掛友護は左サイドを主戦場にするアタッカー。鋭いカットインを武器にゴールを量産する。それぞれ年代別代表も経験する有望株だ。

 この一報を伝えたクラブのツイッターには、サポーターから以下のようなコメントが寄せられている。

「いやあ激アツ」
「ホント期待してる!」
「育成は柏の宝」
「田中君はめっちゃ期待!!」
「真家くん187pもあるのか!」
「升掛くんの瀬川並みのスマイル」
「長身DFにFW…柏の未来は明るい!」
「ユースのFWが昇格してくるの夢があっていい」
「細谷と3トップとか組んで欲しい」
 
 3選手のコメントは以下の通り。

 田中隼人(DF)
「来シーズンからトップチームに昇格することになりました田中隼人です。幼い頃、日立台のピッチでプレーする選手を観て、柏レイソルの選手になりたいと強く思いました。プレーすることを夢見ていたクラブでプロキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います。謙虚な気持ちを忘れず、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。柏レイソルに関わるすべての皆様、よろしくお願いします」

 升掛友護(FW)
「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました升掛友護です。幼いころからの夢を、この柏レイソルというクラブで実現できてとても嬉しく思います。歴史あるこの柏レイソルというチームの一員として覚悟をもって闘いたいと思います。ここまで支えてくれた多くの方々に恩返しができるよう日々努力したいと思います。応援よろしくお願いします」

 真家英嵩(FW)
「来季からトップチームへの昇格が決まりました。真家英嵩です。小さい頃からの一つの夢であったプロサッカー選手になることを、小学4年生から育ててもらった柏レイソルという大好きなクラブで叶えられて嬉しく思います。大怪我があり、難しい時間を過ごすこともありました。しかし、家族、友達、チームメイト、監督、コーチ、メディカルスタッフ、病院の先生方など、これまで出会った多くの方々の助けや支えのおかげで、ここまで進んでくることができました。本当に感謝しています。これからも、感謝の気持ちを忘れずに結果という形で恩返ししていきたいと思います。トップチームでは誰よりも点を取り、柏レイソルの勝利とタイトル獲得に貢献していきたいです。1人の選手として人間として成長し、自分が目指す憧れの場所へと突き進んでいきます」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)