【サウジ戦速報】日本、得点の匂いを漂わせるもスコアレスで後半へ。序盤の劣勢を跳ね返す

【サウジ戦速報】日本、得点の匂いを漂わせるもスコアレスで後半へ。序盤の劣勢を跳ね返す

吉田と相手エースのアル・シェフリが競り合う。(C)REUTERS/AFLO



 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表対日本代表の一戦が10月8日、敵地ジェッダのキング・アブドゥラー・スポーツシティで日本時間の午前2時にキックオフされている。

 日本は第2戦の中国戦から先発4名を入れ替えて臨んだ。GKは権田修一、DFは右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、長友佑都。中盤はボランチに柴崎岳と遠藤航のコンビが入り、2列目は鎌田大地、南野拓実、浅野拓磨の3人が並んだ。1トップは大迫勇也が起用された。

 試合は序盤、サウジアラビアが主導権を握り日本陣内へ攻め込む。細かいパスワークに翻弄されると、12分にはFKからマドゥに決定的なヘディングシュートを放たれるが、ここはGK権田が正面で抑え、事なきを得た。

 日本も徐々にサウジアラビアのパスワークに対して厳しいチャージで対応を見せ始めると、高い位置でのボール奪取から効果的なショートカウンターも発動。24分には浅野がカウンターから右サイドのスペースへ抜け出しクロスを供給。これを南野がヘディングで合わせたが、惜しくも相手GKの好守に阻まれた。
 
 日本はさらに29分、鎌田が自陣でこぼれ球を拾うと、間髪入れずに前線の大迫へスルーパス。抜け出した大迫は絶妙なトラップからゴール前へ持ち上がり、右足で決定的なシュートを放つが、GKアル・オワイスのセーブに阻まれた。

 また37分には、酒井の高速クロスに大迫が合わせる惜しいシーンも見られた。オフサイド判定となったが、サウジアラビアの守備陣に対して確実に脅威となるアタックを見せる。

 前半は0-0で終了した。

関連記事(外部サイト)