「厳しい結果になった」サウジに痛恨黒星…森保監督が心中を明かす「完全アウェーの中で…」

「厳しい結果になった」サウジに痛恨黒星…森保監督が心中を明かす「完全アウェーの中で…」

途中から投入した古橋に指示を送る森保監督。(C)REUTERS/AFLO



 日本代表は現地10月7日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で、サウジアラビア代表と敵地で対戦した。

 満員の敵サポーターで埋まる完全アウェーのなか、日本は29分に鎌田大地のスルーパスから大迫勇也が決定機を迎えるも、モノにすることができない。

 迎えた71分、痛恨のミスからサウジアラビアに先制を許す。柴崎岳の吉田麻也へのバックパスがそれ、フェラス・アルブリカンに抜け出されると、最後はペナルティエリア左から左足で押し込まれた。

 その後、日本は途中出場の古橋亨梧やオナイウ阿道らが必死に攻めるも、最後までゴールを奪えず。0-1で手痛い黒星を喫した。
 
 試合後、インタビューに応じた森保一監督は、「選手たちはこの完全アウェーの中でも非常に素晴らしいファイトをしてくれたと思います。しかしながら、結果は厳しいものとなってしまったのが、残念なところです」とコメントした。

 日本は、3試合を終えて1勝2敗に。7大会連続でのW杯出場に黄色信号が灯ったが、今後に向けては「ワールドカップ出場に向けてまだまだ諦めなければ、必ずワールドカップに行ける切符は掴み取れると思っています」と、あくまで前を向いた。

 次は12日にホームでオーストラリアと対戦する。立て直しを図ることはできるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】サウジアラビア戦に向けた招集メンバー26名

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

関連記事(外部サイト)