「日本のコンピューターを狂わせた!」森保ジャパンを撃破したサウジ代表を母国メディアが絶賛!「勝点3のまま凍りつく」

「日本のコンピューターを狂わせた!」森保ジャパンを撃破したサウジ代表を母国メディアが絶賛!「勝点3のまま凍りつく」

痛恨の失点で黒星を喫した日本。続く豪州戦は3ポイント獲得がマストだ。写真:AFP/アフロ



 森保ジャパンがアウェーの地で手痛い2敗目を喫した。

 現地10月7日、ジッダで開催されたワールドカップ・アジア最終予選第3節で、日本代表はサウジアラビア代表と対戦。5万の大観衆が詰めかけたアウェーの地でアグレッシブな姿勢を貫き、丁々発止の攻防戦を展開する。互いにビッグチャンスを掴みながらもスコアレスで前半を折り返し、後半も冷静に敵の攻撃をかわしていたが……。71分、柴崎岳のバックパスミスから痛恨の失点を許してしまう。ゲーム最終盤まで必死に追いすがるも1点は遠く、0−1で敗れ去った。

 ホームでの快勝に狂喜乱舞したのが、地元サウジのファンとメディアだ。サッカー専門チャンネル『saudileague.com』は「巨大な障壁である日本を下し、夢に大きく前進した」と銘打ち、次のように報じた。
 
「前半の日本の攻撃はまさに脅威だった。シバサキやオオサコにチャンスを掴まれ、アジア最強国の気概を見せつけられた。だが、グリーン・ファルコンズ(サウジ代表の愛称)は激しい闘志で立ち向かう。後半に入っても拮抗した内容が続いたが、絶え間ないプレッシャーが日本のコンピューターのように精密なプレーを狂わせた。71分にシバサキのパスミスをかっさらったアル・ブライカンが見事に先制点を挙げたのだ。

 以降は日本にふたたびペースを握られて劣勢を強いられたが、堅守で耐え凌いだ。これで3連勝。サウジアラビアが暫定で首位に立った一方で、日本は3ポイントで凍りついたままだ」

 第4節(10月12日)で日本はオーストラリアと、サウジは中国と戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】サウジアラビア1-0日本|ミスから痛恨の失点…!無得点に終わり、突破に向け痛すぎる敗戦!

関連記事(外部サイト)