「日本戦の勝利はもう忘れたい」してやったりのサウジ指揮官がクールに明かした“森保ジャパン撃破”の舞台裏

「日本戦の勝利はもう忘れたい」してやったりのサウジ指揮官がクールに明かした“森保ジャパン撃破”の舞台裏

日本相手にホームで1−0の快勝劇。ルナール監督(右)の采配が冴えた。写真:AFP/アフロ



 会心の勝利にも、敵将は淡々とゲームを振り返った。

 現地10月7日、ジッダで行なわれたワールドカップ最終予選第3節、サウジアラビアvs日本の一戦。序盤から一進一退の激しい攻防戦が繰り広げられたが、後半に入るとホームチームが主導権を掴み、71分に柴崎岳のバックパスミスを突いて先制に成功する。この虎の子の1点を守り切ったサウジが1−0で勝利し、開幕3連勝を達成。4位日本との勝点差を6に広げた。

 試合後の会見に臨んだサウジのフランス人監督、エルベ・ルナールは「日本相手に勝利できて本当に嬉しい。3ポイントを掴んだ選手たち全員を称えたいね」と話し、次のようにコメントした。

「前半の我々は決して理想とするフットボールができていなかった。日本に多くのスペースを与えていたからね。でも後半、見違えるようにパフォーマンスが改善された。ひとつのブロックを形成して、そこから攻撃に転じることができたんだ。そのなかで大きな役割を果たしてくれたのが(右サイドの)アルムワリド。試合中に怪我をしてしまったが、私は交代させない決断をした。彼の熟練の技がチームには欠かせなかったし、その期待に見事に応え、勝利に貢献してくれたと思う。キーパーのアルオワイスも素晴らしい出来でピンチを救ってくれた」
 
 さらに53歳の戦略家は「もうこの瞬間から日本戦の勝利は忘れたい。次の火曜日の中国戦に向けた準備が始まっている」と強調し、「9ポイントで満足などしないよ。ロードはまだまだ続くのだからね」と話した。

 そして最後に、ホームスタジアムに集まった5万大観衆への感謝を口にしつつ、「我々はきわめて重要な存在であるアルドサリを先発させられなかった。フットボールに怪我は付き物だ。とても大きな出来事だったが、今日は出場した選手たちがその穴をしっかりカバーしてくれた」と、あらためて選手たちの健闘を称えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】サウジ戦の招集メンバー26名

【W杯アジア最終予選PHOTO】サウジアラビア1-0日本|ミスから痛恨の失点…!無得点に終わり、突破に向け痛すぎる敗戦!

関連記事(外部サイト)