「歴史的な一夜だが…」森保ジャパンに勝利したサウジ・メディア、敵チームの状態には疑問符「日本にしては珍しい」

「歴史的な一夜だが…」森保ジャパンに勝利したサウジ・メディア、敵チームの状態には疑問符「日本にしては珍しい」

試合を終えて頭を下げる日本代表の選手たち。(C)JFA



 現地時間10月7日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選・第3節でサウジアラビアと敵地で対戦した日本は、0-1で敗北。一方のサウジアラビアは、予選3連勝で勝点9ポイントとし、グループ内2位をキープしている。

 現地紙『Arab News』はこの勝利を「歴史的な一夜」と絶賛。エルベ・ルナール監督が率いたチームを、「カタールへの道のりがどういった結果に終わるのであれ、ジッダでの日本戦での1-0の勝利は、予選での有名な勝利として記録されるだろう。勝利はサウジアラビアにとって当然の結果だった。今回の試合は、ハードワーク、チームスピリット、フィジカル、オフ・ザ・ボールの動き、そして冷静さ、すべての面で相手を上回っていた」と絶賛した。

 一方で、“ライバル”と見られていた日本の出来には、このような疑問を呈している。
 
「両チームともボールの扱いがぞんざいだったが、パスワークに定評のある日本チームにしては珍しく、簡単にボールロストする場面が目立った。DF陣も奮起し、GKモハメド・アルオワイスを中心に、リバプールの南野拓実やセルティックの古橋亨梧のシュートをはじき返すファインセーブを見せた。全体的にチームとしてまとまりが見られなかった。

 このサウジの勝利に過度な期待を寄せるのは簡単だが、これはアジアサッカー界のパワーバランスが変化しつつあることを示す兆候だと言える。日本がグループBの序盤で、6ポイント差をつけられるなんて、ほんの6週間前には考えられなかった! グループAの韓国も、西アジアのチームに対して強烈な印象を残すことはできていない」

 そして、「サウジアラビアのサッカー史上、記念すべき夜を台無しにしてはならない」と指摘し、「勝ってこそ気を引き締めなければならない」と綴っている。

 サウジアラビアとは対照的に、3試合で1勝2敗でグループ3位につけている日本は、12日にオーストラリアとのホームマッチに挑む。アジアサッカー界をけん引してきたとされる日本は、その実力を見せつけることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 0-1 サウジアラビア|ミスから痛恨の失点…攻撃陣も不発に終わり、予選突破に向け痛すぎる敗戦
 

関連記事(外部サイト)