「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」

「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」

吉田麻也を激昂させた"犯人"

「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」

一部のサウジファンの差別的行為に激昂した吉田。(C)JFA



 日本代表のキャプテンが差別的ジェスチャーに激怒した一件は、現地サウジアラビアでも波紋を広げている。
 
 現地時間7日に行なわれたカタール・ワールドカップのアジア最終予選で、アウェーの日本は0‐1でサウジアラビアに痛恨の敗戦。その試合後のインタビューの際に事件は起こった。

 マイクの前に立ったDF吉田麻也は、スタンドの敵国ファンからの野次を最初は気にもしていなかった。しかし突然、指を差しながら客席に近寄って激怒。その後のオンライン取材で、詳細は触れなかったものの、「差別的なジャスチャーがあった。前回の予選の時もそうだったので、ちょっと許しがたいなと思った。非常に残念」とコメントしていた。

 このごく一部の人間の差別的行為には、サウジアラビアのファンも憤慨。ツイッター上で謝罪キャンペーンを行なったり、吉田のSNSアカウントに陳謝するコメントを書き込んだりと、様々なアクションを見せている。
【動画】サウジファンの差別的ジェスチャーに激昂し、客席に詰め寄る吉田麻也。謝罪キャンペーンのきっかけとなった投稿
 


 そんななか、サウジのアル・ワフダでクラブの会長を務め、現在はスポーツコメンテーターの元サウジアラビア代表ハティム・カヤミ氏は、「不適切で失望した」と述べた。中東メディア『Arab News』が伝えている。

「これはサウジとしての行動ではない。我々はすべての人々と国を愛している。日本人の皆様には、心よりお詫びを申し上げるとともに、愛と感謝の意を表したい」

 そして、吉田を激昂させた“犯人”についても言及している。

「木曜日の夜、4、5人のティーンエイジャーが日本のキャプテンにしたことはサウジを代表したものではないということを伝えたい。この少年たちは、自分たちのしたことを後悔しているだろう」

 少年グループによる行為だったことには驚きを隠せない。『Arab News』も「この事件は、サウジアラビア代表の輝かしい夜の後味を悪くした」と伝えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】サウジ国民も怒り!「#サウジアラビアのファンは日本に謝罪します」のハッシュタグが付いた実際の投稿

W杯アジア最終予選PHOTO】サウジアラビア1-0日本|ミスから痛恨の失点…!無得点に終わり、突破に向け痛すぎる敗戦!

関連記事(外部サイト)