森保ジャパンには遠藤保仁のような存在が必要だ! 明神智和が指摘したサウジ戦のわずかな“ズレ”

森保ジャパンには遠藤保仁のような存在が必要だ! 明神智和が指摘したサウジ戦のわずかな“ズレ”

単調な攻撃になってしまったサウジアラビア戦。明神氏は中盤で変化をつけられる選手の登場を期待している。(C)JFA



 サウジアラビア戦は単調なまま終わってしまったという印象です。

 厳しい結果になったなと。いちファンとしてもショックの大きな試合だったなというのが一番の感想です。

 初戦のオマーン戦でホームで不甲斐ない試合をして、次の中国戦ではなんとか立て直しました。今回のサウジアラビア戦は、最終予選らしさというか、1点を争うような試合になりました。球際だとか、切り替えのスピードだとか、オマーン戦後に指摘した“やるべきこと”はある程度できていたと思います。

 サウジアラビアはかなり組織的にポジションをとってプレーしていました。ボランチのひとりが下りたり、ワイドに張る選手を置いて、そこからインサイドに入ってきたり。もともと技術やスピードのある選手たちが、組織的にプレーしてきて、その部分でサウジアラビアの方が、ボールを意図的に保持できる時間が長くなって、日本は守備に奔走する時間が増えました。

 ただし、中東でのアウェー戦ですし、それも想定内ではあったと思います。

 日本の守備の部分は少しずつ修正できてきていて、サウジアラビア戦でのポジティブな点を挙げるならば、冨安選手や権田選手のプレーは良かったのではないでしょうか。特に冨安選手は、守備でのミスは無かったんじゃないかなというほど、ほぼ完ぺきにプレーできていました。今高校生を教えていますが、本当に参考にしてほしいです。

 その一方で、勝ち切るためには課題があります。特に攻撃面ではどれだけ相手のペナルティエリア内に人とボールが入る回数を増やすのか、修正の必要性を感じます。
 
 サウジアラビア戦では、立ち上がりはチームで共有していたであろう縦に速い攻撃を狙っていました。実際に鎌田選手から大迫選手や、南野選手への縦パスが繋がりチャンスを作りました。

 普段から森保監督が言っている「良い守備から良い攻撃へ」という言葉通り、セオリーとしてボールを奪ったら素早くゴールを目指すというのが大前提で、それは間違っていません。ひとつ目の選択としては悪くなかったと思います。

 チーム全体としても、初戦のオマーン戦に比べてある程度まとまって戦っていたと思います。ただ、まだボールの出し手と受け手ふたりの頑張りというか、個々が頑張っている状況に見えます。

 そのため、次の一手が生み出せなかった。縦に速い攻撃一本になってしまったので、相手のFWや中盤のラインが自陣に戻ってプレーする時間が少なく、日本もボールを簡単に失ってしまい、チャンスを作ったわりには日本の流れにならず、どこか相手のペースで進んでいると感じられる展開になってしまいました。

 セカンドボールも上手く拾えず、2次攻撃、3次攻撃と繋がらない。チーム全体の連動性は乏しかったように感じます。
 

 特にこの試合で残念だったのは、お互いの距離感や角度の部分と、ゲームコントロールの部分のふたつです。

 縦に速い単調な攻撃を続けてしまったため、選手間の距離が離れ、3人、4人と連携・連動するプレーが数えるほどしかできませんでした。また、ボールを受ける際にやや一直線にもらいに行くことが多く、出し手と受け手の角度も悪かった。

 失点のシーンに関しても、暑い中でやっていて、後半になって体力的に厳しくなってくると、選手心理としては身体を張ってキープするより、早くボールを離したいという考えにもなります。

 そうして安易に出されたパスが味方に合わなかった。柴崎選手がもうひとつボールを持てれば、ボランチの遠藤選手へのパスができたはずです。吉田選手のフォローの立ち位置が少し違えばもう少し安心してパスも出せたかもしれません。そもそも柴崎選手が受けたパス自体もズレていたのも確かです。

 普段できているはずのそうしたちょっとしたポジショニングやボールタッチ、パスなどの細部にミスが多かったことは心配です。

 ミスをすることで相手にプレスを仕掛ける勇気を与えます。長い距離でも走れる活力を与えてしまいます。そしてゲームの流れも切ってしまいます。

 ここまで言及するのは言い過ぎかもしれませんが、古橋選手の投入直後、前線からのプレスも効いて、少し流れがよくなりかけた矢先、65分くらいの場面で、長友選手のGKへのバックパスが浮き球になって、相手に詰められる場面もありました。
 
 単調な攻撃やちょっとしたズレからのミスをなくすためにも、ここぞというところで、チームを落ち着かせる中盤の選手が出てきて欲しいなと感じます。

 完全アウェーのなか、声が通らなくてもパスひとつ、もっと言えばボールの持ち方ひとつで、メッセージをチーム全体に与えられるような。まさに遠藤保仁選手のような存在が必要だなと感じます。

 まずは、すぐに次の試合があります。9月シリーズの時と同じで、このダメージを心身ともにいかに回復するかが、オーストラリア戦に向けて最重要なことです。

 さらに、みなができるはずのことをしっかりと取り組み、日本の良さを引き出せれば、相手にとっても嫌なプレーになるはずです。対人、デュエルというのは攻守において永遠に上げ続けていかないといけない部分。その上で味方との適切な距離感をとり、お互いにサポートしやすい角度で、ボール状況を予測して3人、4人で連携するという、日本の良さを発揮してほしいと思います。

【著者プロフィール】
明神智和(みょうじん・ともかず)/1978年1月24日、兵庫県出身。シドニー五輪や日韓W杯でも活躍したMF。黄金の中盤を形成したG大阪では2014年の国内3冠をはじめ数々のタイトル獲得に貢献。現在はガンバ大阪ユースコーチとして活躍中。また、「初の著者『徹する力』を2月26日に上梓した。

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 0-1 サウジアラビア|ミスから痛恨の失点…攻撃陣も不発に終わり、予選突破に向け痛すぎる敗戦
 

関連記事(外部サイト)