バルサの救世主となるか!負傷から復帰のアグエロ、24日のクラシコでついにデビューか

バルサの救世主となるか!負傷から復帰のアグエロ、24日のクラシコでついにデビューか

アグエロの新天地デビューが近付いている。(C)Getty Images



 セルヒオ・アグエロがいよいよピッチに立つようだ。英紙『Daily Mail』が10月8日付けで報じている。

 33歳のアルゼンチン代表FWは10年在籍したマンチェスター・シティに別れを告げ、今夏からバルセロナに加入。期待の新戦力として熱視線が注がれたが、プレシーズン中に右ふくらはぎを痛め、戦線離脱を余儀なくされていた。

 そうしたなか、アグエロはリハビリを乗り越え、このほどバルセロナの練習場で個人トレーニングを開始。クラブが7日に公開した映像では、負傷を感じさせない走りを見せ、黙々と練習に励む様子が映し出されている。

【動画】1人黙々と練習に励む…戦線復帰間近のアグエロ最新映像をチェック
 
 当初は11月初旬まで離脱する可能性があるとされながら、見事な回復ぶりを見せたベテランストライカーは、代表ウィーク明けの10月中旬には、全体トレーニングに合流できる可能性があるという。24日にカンプ・ノウで行なう、宿敵レアル・マドリーとの大一番(ラ・リーガ第10節)でのデビューに期待が高まっている。

 バルサは開幕から9試合を戦い、わずか3勝(3分3敗)と低迷し、ロナルド・クーマン監督への風当たりは日増しに強まっている。シティ在籍10年でクラブ史上最多の260ゴールを挙げた稀代の点取り屋は、救世主になれるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

関連記事(外部サイト)