「復帰は目前」中島翔哉が代表ウィーク明けにポルティモネンセの公式戦出場へ。現地紙が報じる

「復帰は目前」中島翔哉が代表ウィーク明けにポルティモネンセの公式戦出場へ。現地紙が報じる

8月末に行なわれたポルティモネンセ入団会見時の中島。(C)PPORTIMONENSE SAD



 負傷で長らく戦列を離れているMF中島翔哉は、代表ウィーク明けに復帰する可能性が高いようだ。現地時間10月8日、現地紙『A BOLA』が伝えている。

 中島は今夏、ポルトガル1部ポルトから、古巣であるポルティモネンセに今季限りの期限付き移籍を発表。しかし、アル・アインに在籍していた2月に、練習中に脛骨骨折および靭帯損傷のケガを負ったことが発表され、その後はリハビリに専念。8月に入団会見を行なった後も、表舞台に現われることはなかった。
 
 しかし、先週末からクラブ公式SNSなどにトレーニング中の姿が投稿されるなど、順調に回復している様子が見られ、具体的な復帰の時期に注目が集まっていた。

「ナカジマの復帰は間近。先週からグループでトレーニングを行なっており、復帰に向けたステップを着実に踏んでいる。日本人ウインガーは、復帰のステップが今後も確実に進み、体調が許せば、17日のポルトガル・カップのオリベイレンセ戦で、パウロ・セルジオ監督が数分間の出場を差せる可能性が高い」(『A BOLA』)

 セルジオ監督は中島加入時の会見で、「順調に回復すれば、我々にとって戦力になることは間違いない」とコメントしている。リーグ戦は8試合を終えてポルティモネンセは5位と好調だ。27歳の日本人プレーヤーは、ポルトガルの舞台で再び躍動できるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)