高温多湿の敵地で“常識的な戦略”だったサウジ戦… なぜ日本の攻撃は相手の脅威になり切れなかったのか?

高温多湿の敵地で“常識的な戦略”だったサウジ戦… なぜ日本の攻撃は相手の脅威になり切れなかったのか?

サウジ戦で2列目右サイドに入った浅野。たびたび相手の背後を狙ったが、持ち味を生かしきれたわけではなかった。写真:JFA提供



 ワールドカップ・アジア最終予選の3戦目、日本代表はアウェーでサウジアラビア代表と対戦し、0-1で敗れた。これで早くも2敗目。サウジアラビアやオーストラリアとは勝ち点6の差がついた。

 テクニックに長けた攻撃的なサウジアラビアに対し、日本は中盤でボールを引っかけてショートカウンターを狙う戦術を徹底した。あまりハイプレスで追いすぎず、ミドルゾーンに守備ブロックを敷いて相手の攻撃スピードを抑えつつ、機を待つ。この試合が高温多湿のアウェー環境であることを踏まえれば、常識的な戦略だった。

 ポイントは出場停止の伊東純也に代わり、右サイドに入った浅野拓磨だ。サウジアラビアは攻撃的な両サイドバックが高い位置を取るので、その背後を狙う意図があったのだろう。
 
 しかし、日本戦のサウジアラビアは両サイドバックが背後のスペースをカバーする意識が強く、またビルドアップ時に3枚に変形するため、センターバック脇のスペースが制限された。その結果、カウンター時に浅野が狙う飛び出しは、内側へ向かってえぐり切ることができず、外側へ逃げるような飛び出しが増えた。そこからドリブルで仕掛けたり、クロスを入れたりと、まるで伊東の影を追うかのようなプレーが多く、浅野の魅力は半分しか出なかった。バリエーションの少ない日本の攻撃が、サウジアラビアにうまく吸収された感はある。

 ただ、サウジアラビアも3枚に変形するとき、最終ラインに下りる選手はボランチのアブドゥレラー・アルマルキとほぼ決まっていたが、その後の中盤の形が特に決まっておらず、トップ下のサルマン・アルファラジが下りて来たり、サイドハーフが下りて来たりと、即興感はあった。そのため日本の守備は捕まえづらくはなるが、逆に日本がボールを引っかけたとき、ボランチのスペースがスカンと空くことがあり、29分に鎌田大地のロングスルーパスに大迫勇也が抜け出してシュートを打った場面など、チャンスにつなげるシーンもあった。

 3枚に変形してサイドのスペースへの警戒が強い一方で、空きがちなボランチ周辺のスペースでもうひと手間入れて、一発ではなく二発で裏を狙えば、浅野の良さがもう少し出る場面を作れたかもしれないが、この試合では正直、伊東の代わりがいた、という印象しかなかった。もし、久保建英がいれば、ポジションチェンジして右サイドから久保が仕掛け、浅野が中から飛び出すなど、バリエーションも出せたかもしれないが……。ちょうど後半、南野拓実と鎌田大地が入れ替わって、鎌田がドリブルで仕掛けた場面のように。

 全体的な戦略としては妥当だが、攻撃のバリエーションが少なく、相手の脅威になれなかった印象だ。これなら浅野ではなく、原口元気が右サイドでスタートしたほうが良かったかもしれない。

【PHOTO】W杯アジア最終予選サウジアラビア、オーストラリア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

 一方、試合中の采配を見ると、59分の古橋亨梧と原口の投入は、後半序盤に劣勢だった流れを変え、日本のペースに持ち込むことができた。しかし、73分に柴崎岳と鎌田大地に代え、守田英正とオナイウ阿道を投入したタイミングは少し遅かった。
 
 その2分前の71分、柴崎はパスミスにより、フェラス・アルブリカンのゴールをお膳立てしてしまったが、あの辺りの時間帯は柴崎に限らず、吉田麻也もサポートに寄るのが遅れた遠藤航も冨安健洋も、多くの選手が疲労困憊で集中力も下がっていた。

 森保監督は懲罰交代をするタイプではないので、おそらく失点前から想定していた交代カードなのだろう。選手の顔色や様子、動きの鈍さを見れば、そのタイミングは数分早くても良かった。古橋と原口の投入後から、日本は良い時間帯になっていたので、采配で壊したくなかった気持ちはあるかもしれない。しかし、得てしてそういう攻め込んだ後の時間帯が一番危ない。体力も集中力も警戒心も、すべてが落ちるからだ。今回は数分のギャップが悔やまれる。

 また、ビルドアップ面ではオマーン戦と同じく、相手の2トップに寄せられてあっさり追い込まれる場面が多く、非効率的な試合運びにつながっている。ショートカウンター狙いでも、それができない時にゲーム調整する時間を作らなければ体力がもたない。

 次のオーストラリア戦までに解決するような課題とは思わないが、涼しくなった日本の秋のおかげで、非効率的でも走り切れるコンディションに上がっていることを祈る。

文●清水英斗(サッカーライター)
 

関連記事(外部サイト)