「DFラインが引いているのに遠藤と柴崎が…」日本代表の“戦術的欠陥”をスペイン人分析官が指摘!「試合から消えていた」選手とは?

「DFラインが引いているのに遠藤と柴崎が…」日本代表の“戦術的欠陥”をスペイン人分析官が指摘!「試合から消えていた」選手とは?

スペイン人戦術アナリストが指摘したサウジ戦の戦術ミスとは?写真:JFA/アフロ



 日本が痛い星を落とした。試合を通して選手たちを支配していたのが、ここで負ければワールドカップ出場権獲得に向けて苦境に立たされるという追い込まれた心理状態だ。あまりにもそれが強すぎて、戦う姿勢を示すことも、落ち着きを保つこともできていなかった。

 さらに良好とは言えないピッチコンディションも重なり、パスがなかなか繋がらず、ラインは間延びした。それはサウジアラビアも同様で、結果的にトランジションが速い試合展開になった。

 日本は守備的なゲームプランで臨んだ。ディフェンスラインを低めに設定し、相手のアタッカーに裏のスペースを与えないことを主眼に置いてプレーしていた。体格的に劣る日本は空中戦やコンタクトプレーで不利な戦いを強いられるが、このプランが功を奏して、背後にボールを入れられてピンチを招く場面は限られた。

【動画】サウジファンの行為に激怒し、客席に詰め寄る吉田麻也

 ただ問題は、そうした自陣に引いて守る戦い方を選択しながら、遠藤航と柴崎岳の両センターMFが相手のアタッカーがボールを受けにくると、それに釣られてポジションを離して食らいついてしまったことだ。チームとしての取り組みと、個の判断が一致していなかったわけだ。

 これではボールを奪っても、選手同士の距離感は適切に保たれていない。それが先述したようにパスが繋がらずラインが間延びする要因にもなっていた。

 サウジアラビアの攻撃陣のクオリティは決して高いわけではない。この試合でも雑なプレーが散見された。守備的なアプローチをするなら、ゴール前を固めて相手の攻撃を跳ね返し、カウンターを繰り出すという戦い方をチームとしてもっと徹底すべきだった。

 攻撃面でその守備の連動性の欠如による影響を受けたのが、酒井宏樹と長友佑都の両サイドバックだ。後半に入りサウジアラビアが攻勢をかけてくる中、日本は耐え凌いでいた。しかしそこから攻撃に転じてカウンターを仕掛けるには、両サイドバックの絡みが希薄だった。

 日本代表には強靭なフィジカルやスピードを武器とするストライカーも、個の能力で局面を打開するサイドアタッカーもいない。そんな中で相手守備を攻略するには複数の選手が有機的に絡む攻撃を展開する必要があり、そこでポイントとなってくるのがサイドバックの働きだ。しかし試合を通じてポジション取りが低く、とりわけ左の長友は攻撃に顔を出す機会は限られた。

【W杯アジア最終予選PHOTO】サウジアラビア1-0日本|ミスから痛恨の失点…!無得点に終わり、突破に向け痛すぎる敗戦!



 唯一、右サイドハーフの浅野拓磨が対面する左サイドバックのアル・シャハラニのマンマーク気味についてきたことを逆手に取って相手を引きつけてスペースを創出し、何度かチャンスを演出した。

 しかしそれもあくまで散発的で、チームとして意図を感じるプレーは見られなかった。だからこそ遠藤と柴崎も中盤で主導権を握ることができず、大迫勇也は前線でボールを収めることができず、南野拓実は試合から消え、長友ともまったく補完関係を築けなかった。裏を返せば、森保一監督が戦術を十分に落とし込めていない証左である。

 先制を許してからはさらに気持ちばかりが先行するようになり、そんな状況では効果的な攻撃を繰り出せるはずはなかった。
 
 いよいよ追い込まれた次戦のオーストラリア戦に向けては、まずは両サイドバックが攻撃に絡める頻度を増やさなければならない。それはこれまで述べてきたようにサイドバックだけの問題ではない。

 周囲との連携、監督の戦術、ゲームプランといったようにチーム単位で取り組む必要がある。近年、サイドバックの重要度が増していることは周知のとおりだが、攻め手に欠ける日本において攻撃に厚みをもたらすオプションとしてその働きを高めることは死活問題と言っていいだろう。

文●アレハンドロ・アロージョ(戦術アナリスト)
翻訳●下村正幸
 

関連記事(外部サイト)