「日本人のゴラッソだ」岡崎慎司が待望の移籍後初ゴール!らしさ全開のダイビングヘッドが炸裂!

「日本人のゴラッソだ」岡崎慎司が待望の移籍後初ゴール!らしさ全開のダイビングヘッドが炸裂!

待望の新天地初ゴールを決めた岡崎。(C)Mutsu FOTOGRAFIA



 現地時間10月10日に開催されたラ・リーガ2部の第9節で、岡崎慎司が所属するカルタヘナはホームでイビサと対戦。この一戦で、4試合連続で先発出場を果たした岡崎が強烈なインパクトを放ったのは、3-0と大量リードで迎えた57分だった。

 左サイドからアルベルト・カヤルガがクロスを送り込むと、豪快なダイビングヘッドで合わせ、鮮やかにネットを揺らしたのだ。

 昨シーズン限りでウエスカを退団した35歳のストライカーは、8月31日にカルタヘナへの加入が決定し、翌月12日にデビュー。そこから出場5試合目にして生まれた待望の初ゴールだった。

 らしさ全開の第1号には、ファンも大興奮。一報を届けたクラブ公式ツイッターの投稿には、次のような声が寄せられている。
 
「キターーーッ!」
「岡崎ぃぃぃ!!!!!!」
「岡崎選手らしいダイビングヘッド炸裂ーーー!」
「素晴らしい!」
「待ってました」
「日本人のゴラッソだ!」
「Vamooooosssss OkaGoaaaallll!!」

 なお、岡崎は67分にお役御免となり、チームは5-1の大勝で今シーズン4勝目を挙げている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】笑顔満開!岡崎の初ゴールを伝えるクラブ公式の投稿をチェック

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

関連記事(外部サイト)