「凄いのがいるから、見てほしい」内田篤人が注目するパリ五輪世代“怪物”は?

「凄いのがいるから、見てほしい」内田篤人が注目するパリ五輪世代“怪物”は?

内田篤人がパリ五輪世代の逸材について紹介した。(C)DAZN/Sugugru Saito



 ロールモデルコーチとして、今月1日に発表されたU‐22日本代表候補を指導している元日本代表DFの内田篤人氏が、パリ五輪世代の注目株について語った。DAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の未公開シーンとして、公式YouTubeがアップしている。

 ゲスト出演した日向坂46の影山優佳さんに紹介する形で、内田氏はまず「鹿島の荒木(遼太郎)や松村(優太)」と、自身がプレーしたクラブの後輩MFを挙げた。
【動画】内田篤人が太鼓判を押した荒木遼太郎の圧巻ゴール集

 そして、「面白そうなのは…(チェイス・)アンリ君。尚志高校のセンターバックで、凄いのがいるから。見てほしい」と、187センチの長身を誇る“怪物CB”に太鼓判を押した。
 
 さらに、東京五輪でサポートメンバーに入った徳島のMF藤田譲瑠チマと琉球のMF武田英寿の名前を出し、「結構いい選手がいるんで、その世代を注目して見てもらうと、パリ五輪が始める頃には面白くなっているかな」と締めくくった。

 内田コーチの指導を受けた俊英たちが、2024年パリ五輪に向けてどう成長していくのか。今後も要注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)