「正直初めての経験」古橋亨梧は苦境を乗り越えゴールできるか?「やり続ければ相手は嫌がる」

「正直初めての経験」古橋亨梧は苦境を乗り越えゴールできるか?「やり続ければ相手は嫌がる」

攻守において「走り続ける」と宣言した古橋。豪州戦でゴールを奪えるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 カタール・ワールドカップのアジア最終予選でオーストラリアと対戦する日本代表は、10月11日、オンライン上で会見を実施。FW古橋亨梧は、「自分たちを信じて続けることが大事。この状況を楽しんで、持っているものを試合で出せれば勝利できると思う。素晴らしい選手に囲まれているので、勝てると思う、いや勝ちます」と力強く宣言した。

 最終予選では3試合を終えて1得点。得点力不足に悩む現状については、「決めたいし、まずはチームが勝つことが優先。そのためにプレーして、ゴールやアシストができれば」と語る。

 古橋は今回に移籍したスコットランドの名門セルティックで公式戦11試合で8ゴールと確かな結果を残してきた。特に屈強なDFが多いリーグで得点を積み重ねてきたプレーには自信を深めているようで、チームを勝たせるための自身の役割についてこう語った。

「(僕の)特長は相手の裏、背中を取る動きだと思うので、やり続ければ相手は嫌がると思う」と語り、相手のラインを下げて、味方にスペースを上手く使わせる動き出しを続けていきたいという。
 
 それは攻守においても変わらないという。

「僕ができることは、攻守において走ること。攻撃では相手の背中へどんどんと走り出す。スペース狙って動き続けることでスペースもできるしゴールにも近づくと思う。前線から前線からプレッシャーにも行くことでチームにいい刺激が与えられると思う」として、「チャンスを作れる自信はある。そこから先を決めないといけない」と覚悟も口にした。

 苦境に立たされたチームに活路を見出すゴールをもたらせるか。

 これまで代表とは縁遠かった古橋にとって、この苦境は「正直初めての経験」だと言うが、「この経験ができているのはすごくいいタイミング。だからこそチームが勝つためにいいプレーができれば。ここで勝てばチームとしても個人としても一回りも二回りも大きくなれると思うので、明日は必ず勝ってみんなで成長していければ」と現状を前向きに捉える。

 成長著しい古橋からはそんなポジティブな雰囲気が溢れ出していた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】必勝のオーストラリア戦に向けて練習を実施した日本代表!
 

関連記事(外部サイト)