「敬意を欠いている」古橋亨梧の発言に元選手がまさかの苦言!「セルティックに集中すべきだ」

「敬意を欠いている」古橋亨梧の発言に元選手がまさかの苦言!「セルティックに集中すべきだ」

古橋のコメントは決して敬意を欠くようなものではなかったが…。(C)Getty Images



 プロアスリートの言葉は、世界中で瞬く間に拡散される。残念ながら、それは必ずしも本人の意図どおりに伝わるとは限らない。

 セルティックでのブレイクで注目を集める古橋亨梧のコメントに、スコットランドでの経験が豊富な元選手のノエル・ウィーランが『Football Insider』で苦言を呈した。

 古橋は先日、日本メディアでのインタビューで、冨安健洋がアーセナルで活躍していることは「モチベーション」になると話した。スコットランドからプレミアリーグに挑戦する選手が少なくないことから、結果を出し続ければ「それも近道になる」と述べた。

 ウィーランは、この言葉をよく思わなかったようだ。

日本代表FWは最近、サウサンプトンからの関心が噂になった。去就を巡る報道が出るようになった中での本人発言だけに、「今は契約しているクラブに集中するべきだ」と主張している。

「プレミアリーグ移籍の噂について話すよりも、まずはセルティックで仕事をすべきだ。その仕事を正しくやれば、オファーはあるだろう。クラブで大きな仕事が待っているときに、プレミアリーグに関して話すのは、いまセルティックがもっとも聞きたくないことだろう」

【動画】名手キャンベルが思わず「ワォ!」。 抜群の得点感覚で奪った古橋の「胸ゴール」
 


 ウィーランは「わたしは、少し敬意を欠いていると思う」と続けている。

「プレミアを目指すのは何も間違っていない。でも、まだセルティックと契約したばかりだ。そして、タイトルをもたらすための大きな仕事が待っている」

 古橋のインタビューから、セルティックに対する敬意の欠如は感じられない。「近道」発言に続き、「チームのために何か残せたら」という言葉も口にしている。

 活躍すればするほど、周囲の雑音が大きくなるのは避けられない。そういった声に煩わされることなく、集中を保ち、さらに飛躍するのを期待するばかりだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部


【PHOTO】移籍直後から得点量産中!スコットランドの強豪セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!


【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

関連記事(外部サイト)