【豪州戦速報】スタメン抜擢の田中碧が先制弾! 権田がビッグセーブ!! 森保J、1点リードで後半へ

【豪州戦速報】スタメン抜擢の田中碧が先制弾! 権田がビッグセーブ!! 森保J、1点リードで後半へ

8分に先制ゴールを決めた田中。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の日本代表対オーストラリア代表が10月12日、埼玉スタジアム2002において19時10分のキックオフで行なわれている。

 森保一監督の進退が懸かるこの大一番に、日本は4-3-3を採用。中盤には遠藤航のほか、田中碧、守田英正のボランチ3名を起用。遠藤をアンカーにインサイドハーフに田中と守田を配した布陣となった。前線は1トップに大迫勇也、右に伊東純也、左に南野拓実が入り、最終ラインはサウジ戦から変更なく、右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、長友佑都の顔ぶれ。GKは権田修一が起用された。

 試合は、最終ラインからビルドアップしながら攻めるオーストラリアに対して、日本は厚みのある中盤を活かしたハイプレスで対抗。ボールを奪っては右サイドの伊東が後方からのフィードにタイミングよく抜け出しチャンスを作ると、試合が動いたのは開始8分だった。左サイドでキープした南野のグラウンダーのパスを受けた田中が右足を一閃。狙いすましたシュートがゴール左隅に決まった。日本が先制に成功した。

 その後、膠着した時間帯が続いたものの35分過ぎに、再び日本にビッグチャンス。中盤で遠藤が激しいチャージでボールを奪うと、前線の大迫へ。そのままボールを運んだ大迫はペナルティエリア付近で右足のシュート。しかし、これは惜しくも枠を捉えきれなかった。
 
 すると41分、今度はピンチを迎える。右サイドをセレッソ大阪に所属するアダム・タガートに抜け出され、決定的なシュートを放たれるが、これをGK権田がビッグセーブ。左腕ではじき出したボールはポストにも当たり、なんとかオーストラリアの得点を阻んだ。

 前半は、日本が1点をリードして折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 1-0オーストラリア|田中碧がW杯予選初出場で先制ゴール!日本1点リードで前半を折り返す!

関連記事(外部サイト)