「ひどすぎる守備だ」田中碧の先制弾に繋がった豪代表DFの“痛恨ミス”を母国ファンが糾弾!「ショッキング、恥ずかしい」

「ひどすぎる守備だ」田中碧の先制弾に繋がった豪代表DFの“痛恨ミス”を母国ファンが糾弾!「ショッキング、恥ずかしい」

南野からのクロスをできなかったベヒッチ。(C)Getty Images



 10月12日、日本代表はカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の第4節で、オーストラリアと埼玉スタジアム2002で対戦した。

 ここまで1勝2敗と崖っ淵に立たされている日本は8分、いきなり先制ゴールを奪う。左サイドから南野拓実がクロスを送り込むと、敵の左SBアジズ・ベヒッチがクリアできず、ボールを受けた田中碧が右足を一閃。大一番でスタメンに抜擢されたMFが、正確なシュートを決めてみせた。
【動画】「ひどすぎる守備」豪代表DFの痛恨ミス→田中碧の代表初ゴール
 
 オーストラリアのファンが糾弾しているのが、ベヒッチの対応だ。クリアできそうなボールだったため、同国サッカー連盟の公式ツイッターには、次のような厳しい声が寄せられている。

「ひどすぎる守備だ」
「くそったれ」
「ショッキングな対応だ」
「ベヒッチは絶対的なゴミ」
「恥ずかしい」
「最悪のスタートだ」
「なぜ彼がスタメンなんだ」
「起用したほうにも責任がある」

ベヒッチの対応にも問題はあったが、落ち着いて決めた田中も見事だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部




【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポ―ター!

【PHOTO】W杯アジア最終予選サウジアラビア、オーストラリア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)