「絶対に自分が試合を決めると…」劇的勝利の立役者、浅野拓磨が喜びを語る!いざ「崖っぷち」からの反攻へ

「絶対に自分が試合を決めると…」劇的勝利の立役者、浅野拓磨が喜びを語る!いざ「崖っぷち」からの反攻へ

勝ち越し点を生むシュートを放ち、勝利の立役者となった浅野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本代表は10月12日、カタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選でオーストラリア代表とホームで対戦。田中碧が開始8分で幸先よく先制点を挙げるも、その後の追加点の決定機を仕留められずにいると、70分にペナルティエリア手前からのFKをアイディン・フルスティッチに叩き込まれる。

 それでも自動出場権獲得へ勝利が必須の日本は猛攻を仕掛け、土壇場の86分に思いが結実する。左サイドから途中出場の浅野拓磨が左足で放ったシュートが、最後は相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。

 試合はこのまま2-1で終了。同一大会のW杯予選新記録となる11連勝中だった難敵から大きな勝点3を奪った。
 
 勝利の立役者となった浅野は試合後、「絶対に自分が試合を決めるという気持ちでピッチに入ったので、ゴール内にボールが入ったときはホっとというか、嬉しいというか、もう(感情を)爆発させすぎてジャガーポーズするのを忘れてました」と振り返った。

 来月にはいずれも敵地で、11日にベトナム、16日にオマーンと相まみえる。一戦必勝の戦いが続くなかで今後に向けては「僕らが今崖っぷちにいるとことは全員が承知していることですし、だからといって誰一人あきらめている選手はいない。今日勝点3を獲りましたが、厳しい状況には変わりないのでここからまた全員が自分のチームに戻ってもっともっと成長して、また代表のピッチで全員が全力でプレーできるように頑張っていくしかない」と、7大会連続でのW杯出場へ気を引き締めた。

 最終予選は残り6試合。グループ首位のオーストラリア撃破の勢いそのままに、ここから一気に反攻となるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】土壇場で窮地から救ったのは浅野!左足でのシュートから決勝点を生み出す

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!

【PHOTO】W杯アジア最終予選サウジアラビア、オーストラリア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポーター!
 

関連記事(外部サイト)