「日本はまだ生きている」森保ジャパンの劇的勝利に海外紙も反応!「モリヤスの涙は…」

「日本はまだ生きている」森保ジャパンの劇的勝利に海外紙も反応!「モリヤスの涙は…」

決勝点を呼び込んだ浅野を中心に、歓喜の輪が広がる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本代表は10月12日、カタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選でオーストラリア代表とホームで対戦。南野拓実のクロスから田中碧が開始8分で幸先よく先制点を挙げるも、その後の追加点のチャンスをモノにできずにいると、70分にペナルティエリア手前からのFKをアイディン・フルスティッチに叩き込まれてしまう。

 それでも自動出場権獲得へ勝利が必須の日本は猛攻を仕掛け、土壇場の86分に勝ち越し点を奪う。ペナルティエリア左から浅野拓磨が左足で放ったシュートが、最後は相手DFアジズ・ベヒッチに当たってゴールに吸い込まれた。

【動画】埼スタが揺れた!浅野の魂の一振りから生まれた劇的決勝弾をチェック

 試合はこのまま2-1で終了。同一大会のW杯予選新記録となる11連勝中だったオーストラリアから大きな勝点3を奪った。

 この結果にスペインの全国紙『Marca』は、「日本はカタール2022へのダイレクト・アクセス・レースでまだ生きている。監督のハジメ・モリヤスの涙は、どれだけ危機に瀕しているのかを表わしていた」と一報。試合前に森保一監督が目頭を熱くさせていた情報も交え、日本の“生存”を伝えた。
 
 さらに同紙は、ベヒッチがオウンゴールに加え、1失点目の場面でも痛恨のクリアミスを犯したことに着目。ツキによる部分も多分にあったと、こう説明している。

「日本の勝利は、アジズ・ベヒッチという意外な味方と共にあった。ギレスンスポル(トルコ)のDFは、アオ・タナカの先制に繋がるディフレクトしたタクミ・ミナミノのクロスに対応しきれなかった。そして同点で迎えた86分にもベヒッチの『不運』が再び日本に微笑んだ。タクミ・アサノのポストに当たったシュートをクリアしようとした結果、ボールを自分のネットに入れてしまったのだ。日本はホッと一息ついた」

 ストレートインへなんとか望みを繋いだ森保ジャパン。難敵からの劇的勝利を足掛かりに、ここから一気に連勝街道を突き進むことはできるか。来月にはアウェー2連戦でベトナム、そして苦戦の始まりとなったオマーンと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!

【PHOTO】W杯アジア最終予選サウジアラビア、オーストラリア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)