「驚異的な連勝記録は最も悲惨な結末に」OGでの衝撃の敗戦に豪メディアはがっくり「ライバルへの恐怖は続く」

「驚異的な連勝記録は最も悲惨な結末に」OGでの衝撃の敗戦に豪メディアはがっくり「ライバルへの恐怖は続く」

オーストラリアの選手たちは、重い足取りでロッカールームへと引き上げる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 10月12日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選で、日本とオーストラリアが埼玉スタジアムで激突。ここまで3試合で1勝2敗と絶不調の日本が開始8分に田中碧のゴールで先制に成功するが、同一大会ではW杯予選新記録となる11連勝中のオーストラリアは、70分に追いつく。

 一度は主審がペナルティスポットを指さしながら、エリア外でのファウルと判定が変わりFKとなるも、キッカーを務めたアイディン・フルスティッチは、もやもやを吹き飛ばす豪快なシュートで叩き込んだ。

 それでも86分、最後に接戦をモノにしたのは、後がないホームチームだった。左サイドから浅野拓磨が左足でシュートを放つと、最後はこぼれ球が相手DFアジズ・ベヒッチに当たってゴールに吸い込まれた。試合はこのまま2-1で終了。日本が自動出場権獲得へ望みを繋ぐ最終予選2勝目を挙げた。

【動画】豪ファンは激怒…ベヒッチが犯した痛恨のオウンゴール(33秒〜)

 この結果にオーストラリア・メディア『The Daily Telegraph』は、「サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)の驚異的な連勝記録が悲痛な形で終了」と題し、自国の敗戦を以下のように綴っている。
 
「連続無敗記録は最も悲惨な結末を迎えた。85分にアジズ・ベヒッチが決めたオウンゴールで、日本が2-1の勝利を収めたことにより、途絶えてしまったのだ。この惜敗で大陸のライバルに対する恐怖は続くこととなった。オーストラリアは(この試合を含め)直近11試合でたった1勝しか挙げられていないのだ」

 そのうえで、オウンゴールそのものも「最も悲痛なゴール」と描写している。

「後半、GKマシュー・ライアンは日本の絶え間ない反撃を懸命に防いだが、日本の勝ち越しゴールには何もできなかった。シュートに何とかグラブで触れるも十分でははく、ボールは右ポストを叩き、その跳ね返りがベヒッチに当たってネットの奥に入り、最も悲痛なゴールとなったのだ」

 日本は劇的勝利により、オーストラリアまで勝点3差に接近。ただ、勝利の立役者となった浅野は試合後に「今日勝点3を獲ったが、厳しい状況には変わりない」と語ったように、いまだ崖っぷちにいることは事実だ。

 最終予選は残り6試合。今後も一戦必勝で臨み、晴れて7大会連続W杯出場が決まった際には、オーストラリア戦がターニングポイントだったと振り返りたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

関連記事(外部サイト)