「日本が勝ったのは悪いニュース」森保ジャパンの劇的勝利に中国メディアが嘆き!「W杯の夢が遮断された」

「日本が勝ったのは悪いニュース」森保ジャパンの劇的勝利に中国メディアが嘆き!「W杯の夢が遮断された」

オーストラリアを1点に抑え、劇的な勝利を挙げた日本。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本代表は10月12日、埼玉スタジアム2002でカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の第4節で、オーストラリアと対戦。1‐1で迎えた86分に途中出場の浅野拓磨が放ったシュートが敵のオウンゴールを誘発し、2‐1で劇的な白星を挙げた。これで2勝2敗とし、勝点を6に伸ばしている。

 この結果に落胆したのが、前節まで勝点3で並んでいた中国のメディアだ。ポータルサイト『捜狐』は、「中国代表は打撃を受けた。日本に3ポイント差をつけられ、グループ3位に影を落とし、ワールドカップへの夢が遮断された」と悲観。こう嘆いている。

【動画】日本が奪った田中の先制弾&劇的なオウンゴール
「中国にとって、これは悪いニュースだ。3位を争うのはますます難しくなっている。上位2チームに入るのは難しいため、(プレーオフに回る)3位が現実的な目標だ。だが、日本は、彼らにとっては小さなトラブルを回避し、勝点3を獲得し、危機を平穏に変えた」

 その中国は、日本戦の後に行なわれた試合で、ここまで3連勝のサウジアラビアに2‐3で敗北。勝点を伸ばすことができなかった。4節が終わり、3位のオマーンと4位の日本に3ポイント差をつけられ、厳しい状況に追い込まれている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポ―ター!

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-1オーストラリア|浅野が誘発したOGで勝ち越し!宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!
 

関連記事(外部サイト)