金田喜稔が豪州戦を斬る!「決定力に不満が残るけど…形を変えた中盤で遠藤は“スーパー”な活躍ぶりだった」

金田喜稔が豪州戦を斬る!「決定力に不満が残るけど…形を変えた中盤で遠藤は“スーパー”な活躍ぶりだった」

アンカーの遠藤は何度もピンチの芽を摘み、ビルドアップでも貢献。その活躍ぶりは“スーパー”だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



[カタール・ワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 オーストラリア/10月12日/埼玉スタジアム2002

 気が気じゃなかったけど、なんとか勝ててよかった。オーストラリア戦で、日本は勝点3を掴んだ。先制して、追いつかれる展開も、相手のオウンゴールで2-1と勝利した。

 もっとも、ここぞという場面での決定力には少なからず不満が残るかな。FW陣で計算できる選手がふたりぐらい欲しい。そういう存在が出てこないと、予選の残り6試合、難しい戦いになる。

 大迫はもちろん、古橋やオナイウのさらなる奮起が求められるし、若い世代ではたとえば東京五輪代表の上田がいる。確固たる得点源がいれば、という感じではある。ワールドカップでベスト8以上を狙うなら、なおさらそう思う。

 手放しで喜べないゲームではあったけど、もちろん、評価したい部分はある。日本はこの試合、中盤の構成を変えた。従来のダブルボランチではなく、遠藤をアンカーに据えて、守田と田中をインサイドハーフに並べるトライアングルにした。
 
 そこで際立つパフォーマンスを見せていたのが遠藤だった。チームとしてのシステムは4-3-3で、前線がプレスをかける状況のなか、相手が出てくれば狙いをつけてピンチの芽をしっかりと摘んでいく。守田、田中も精力的に守備をこなしていたおかげで、球際に強い遠藤の良さが引き出される格好にもなっていた。

 ディフェンスラインからボールをもらってからのビルドアップ、守田や田中にパスを出すためのポジショニングも良かった。“スーパー”と言っていい活躍ぶりだった。

 出場停止明けでピッチに戻ってきた伊東も、期待通りのプレーを見せてくれた。安易なボール逸やクロスが通らない場面はあったとはいえ、右サイドでのスピード感あふれる縦への仕掛け、カットインからのシュートなど、随所に持ち味を発揮していた。

 今シリーズでは怪我で離脱した堂安も右サイドのレギュラー候補だけど、現状では、伊東が一番手だろう。改めてそれを強く印象づける存在感を見せつけた。遠藤のお膳立てからGKと1対1となった76分の決定機は決めてほしかったけどね。

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポーター!
 

 右サイドには伊東がいる。では左サイドはどうだったか。この日は長友が頑張っていたよね。35歳という年齢を感じさせない、若い頃のような躍動感があった。

 同サイドで前にいる南野はどちらかというと外で張るより、中に絞る傾向がある。必然的に長友が前に出ていくスペースができていたし、ディフェンスラインからも高い位置を狙う長友にミドルのパスがよく出ていた。

 とりわけ前半は、左サイドで先手を取ることで、攻撃に勢いをもたらしていた。果敢に突破を試みる一方で、うまくタメを作りながら味方の攻め上がりを促すこともできる。まさに“起点”となる働きで、チーム全体に連動性を生み出していた。
 
 いずれにせよ、ホームのオーストラリア戦でしっかりと結果を出せたのが一番。DAZNの解説で岡田さんも言っていたけど、チームがグッと盛り上がっていくためには、やっぱり勝つしかない。その意味では、本当に大きな勝利だった。

 当然ながら、勝てばいい、というわけでもない。勝つために何をすべきかをもっと突き詰めていってほしい。前回のコラムでも触れたように、リスタートや組織的な守備など、さらに「緻密さ」を積み上げていくことで、チームの状態はさらに上がっていくはずだ。

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!

【PHOTO】オーストラリア撃破にはじける笑顔!試合後の日本代表戦士を大特集!

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!
 

関連記事(外部サイト)