【釜本邦茂】相変わらずチャンスも外したが…勝てば官軍! 久々に気持ちのいいサッカーを見せてもらったよ

【釜本邦茂】相変わらずチャンスも外したが…勝てば官軍! 久々に気持ちのいいサッカーを見せてもらったよ

終盤のオウンゴールでオーストラリアに勝ち切った日本代表。この勝利から波に乗りたい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 ワールドカップ最終予選で早くも2敗目を喫して追い込まれた日本代表が、オーストラリアに2-1で勝った。これで2勝目を挙げて、オーストラリアとの勝点差も3に縮まった。

【動画】田中碧が代表初スタメンで初ゴール!
 本当に気持ちのこもった試合だった。崖っぷちに追い込まれて、みんな切羽詰まった精神状態だったかもしれないが、ピッチ上では誰もが「ここでやらなければ」という強い気持ちを見せてくれた。中盤では遠藤航を中心にしっかりプレスを掛けて相手の攻撃を封じていたし、後ろの吉田、冨安も相手の長身FWをきっちりとカバーしていた。

 そんな中で攻撃陣も、立ち上がりから伊東がスピードを警戒されながらも、よく相手のラインを突破していたし、初先発の田中碧もきちっとボールを捉えたシュートを打ち切った。後半には、伊東のほか途中出場の浅野や古橋も相手の背後を積極的に突いていく姿勢を見せた。それが終盤の勝ち越しゴールに繋がったと思うし、やはり最後は局面を打開しようとする個人の力、勝負する姿勢がモノを言った印象だ。これまで、日本代表の試合では足下へのパスばかりが目についていたが、オーストラリア戦は多くの局面で勝負していたように映ったよ。

 もちろん、課題がすべて解消されたわけじゃないだろう。相手も前掛かりに来ていて、少なからず決定的なチャンスもあった中で、相変わらず決めきれない場面も多かったし、守備面でも失点につながったFKをどうにか防げなかったのか。壁の作り方に問題があったのか、GKのポジショニングが悪かったのか、攻守において突き詰めるべきところはまだまだある。

 ただし、勝てば官軍。多少内容に課題があったとしても、この日は勝って自動出場権の可能性を残すことが重要だった。そして、何よりオーストラリア戦は90分にわたって、選手たちの「やらないといかん」という意気込みを強く感じた。森保監督の進退が懸かっていた側面もあったかもしれないが、やっぱり選手たち次第でゲームの雰囲気も変わってくる。まだまだ険しい道のりが続くと思うけど、久々に気持ちのいいサッカーを見せてもらったよ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!

【PHOTO】日本 2-1 豪州|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点にされるも宿敵から勝点3もぎ取る!

関連記事(外部サイト)