【岩本輝雄】守田のファウル、その前段階の状況、GKとの駆け引き――豪州戦の失点を徹底考察

【岩本輝雄】守田のファウル、その前段階の状況、GKとの駆け引き――豪州戦の失点を徹底考察

強い、運べる、捌ける、キープできる。インサイドハーフで先発した守田の存在感は抜群だったね。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 ホームでのオーストラリア戦、日本は2-1で競り勝った。何よりも欲しかった勝点3。森保ジャパンの底力を見たね。

 4-3-3のシステムが上手くハマったんじゃないかな。オーストラリアは4-2-3-1で、ダブルボランチには技術の高い選手が並ぶ。特に10番のフルスティッチは非凡なゲームメイクのセンスを持つ。そのふたりに対し、守田と田中のインサイドハーフ2枚が抑えにかかり、こぼれたボールはアンカーの遠藤が回収する。

 この中盤の攻防で日本は優位に立つことができていた。ポゼッションでは相手が上回ったけど、日本からすればボールを“持たせている”感じ。縦パスを入れられれば、そこでガツンと潰しに行く。やることが整理されていたし、守備のバランスは良かったと思う。

 とりわけ目立っていたのが守田。強いし、運べるし、捌けるし、サイドでキープできる。存在感は抜群だった。

 70分の失点につながるFKを相手に与えてしまったスライディングは、本人にとっても悔しかったに違いない。もっとも、その前段階のオーストラリアの攻撃が素晴らしかったのも事実。自陣からのビルドアップで、日本のプレスを受けてもまったく慌てず、相手を食いつかせるようにダイレクトでパスを回して、右サイドに展開。引っ張り出された長友の背後を突いて、そこから決定的なクロスを入れる。

 ペナルティエリア手前で、必死に戻った守田が身を挺して守ろうとする。結果的にこのプレーがファウルと判定され、最初はPKを宣告されるも、エリアの外だったことが確認されてFKになった。
 
 スライディングという選択は悪くなかった。というか、あれしかなかったと思う。シュートを打つ側からすれば、スライディングされると、どうしてもその相手が視野に入ってきて、気持ち的に動揺してミスをしがちになる。シュートをふかしたりとか。

 守田もそれを狙っていたんじゃないかな。でも、足を引っかける格好となり、ファウルとなってしまった。

 ぶちこまれたFKはもう、相手をほめるしかない。あの距離で、あれだけ強くて速いシュートはなかなか打てない。普通はバーの上に飛んでいくけど、しっかりと枠に収めてきた。

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポーター!

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!
 

 壁の一番外側。身長が決して高くない古橋の頭上を狙ってきた。GKの権田はあのコースを読んでいたように思うけど、タイミングが一歩間に合わなかった。

 GKはセービングする前に、身を沈めたり、ちょっとジャンプして一度両足を揃えてから、飛ぶ。この時の権田もそれをやっていたと思うけど、予想外にシュートが速かったのではないか。

 僕も現役時代はFKのキッカーだったけど、GKとの駆け引きは当然、やっていた。僕の場合は、壁に入る相手選手に「GK動く?」「ジャンプする?」とか聞いたりもしていた。教えるわけないんだけどね(笑)。まあ、それぐらいリラックスして蹴っていた。

 その駆け引きで、今回はキッカーのフルスティッチが勝ったということ。

 時間帯も彼に味方したと思う。試合を通じて、セットプレーやクロスを蹴っていたけど、そうやってキックのフィーリングを掴んでいくというか、調整していくんだよね。もうちょっと強めのほうがいいかな、落とすならこの速さだな、とか。
 
 後半の半ば頃は、ちょうどそれが分かってくる。感触を掴めてくる。だから、当たり前のことだけど、相手に優秀なキッカーがいる時は、特にあの時間帯は危険なエリアでのファウルには細心の注意を払ったほうがいいと思う。

 同点に追いつかれて意気消沈するなかで、最後は相手のオウンゴールだけど、勝利を良き寄せる2点目を生み出した。とにかく勝てて良かった。大事な一戦で、システムと先発メンバーに少し手を加えた森保監督の采配も見事。相手のオウンゴールを誘発した浅野の途中投入も当たった。

 課題も収穫も、見どころがたくさんあった勝ちゲーム。スタジアムに詰めかけたファン・サポーターも楽しめたはずだよ。

【PHOTO】オーストラリア撃破にはじける笑顔!試合後の日本代表戦士を大特集!

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!
 

関連記事(外部サイト)