半マンツーマン半ゾーンの“ぼかした”対応の効果と修正力。そして終盤に表われた日本と豪州の意識の差

半マンツーマン半ゾーンの“ぼかした”対応の効果と修正力。そして終盤に表われた日本と豪州の意識の差

南野(10番)が逆サイドの田中へクロスを供給し、先制点が生まれる。二枚のセンターバックを外したポイントを狙えるかは得点の鍵だった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本はオーストラリアに2-1で勝利し、最終予選の4試合を終えて勝点を6に伸ばした。得失点差でオマーンに続く4位となっており、ストレートの予選突破はもちろんプレーオフ行きすら厳しい状況に変わりはないものの、前半戦の山場と言える試合で4-3-3の採用や田中碧の抜擢、古橋亨梧のセンターフォワード起用など、これまで見られなかった選択で活路を見出したことは大きい。

 たった3日間の練習、しかも戦術的な練習は2日間しかなかったなかでも4-3-3の効果は守備でも攻撃でも出ていた。守備面に関しては中盤に3枚が並ぶことで、前からの守備がハマらないシーンでも、半マンツーマン半ゾーンのような“ぼかした”対応で乗り切れる余地は4-2-3-1よりあった。

 攻撃面ではやはり元川崎の守田英正と田中がもともと備える戦術眼を生かす形で、中央の遠藤航を軸に左右で上下動しながら、最終ラインからのビルドアップ、さらにチャンスからフィニッシュに関わる動きを状況に応じて繰り出していた。明確なトップ下がいない分、たとえば田中がさがり目でビルドアップに絡んだ時は、守田が2列目に上がることで、大迫勇也が孤立しないようにしていたことも地味に大きかった。

 オーストラリアのグラハム・アーノルド監督はこれまで通り4-2-3-1を採用しながら、左サイドハーフにはサイドアタッカーのアワー・メイビルではなく、インサイドのチャンスメイクに優れたアーロン・ムーイを起用して、中盤に厚みを付けてきた。日本は運動量をフルに出せる序盤こそ伊東純也と大迫、さらに南野拓実がプレッシャーをかけて、それでもつなぐオーストラリアのミスを誘ってボールを奪い、効果的なカウンターにつなげた。

 最終的に日本のボール保持率は46パーセントだったが、前半30分ぐらいまでは40パーセントにも満たなかったのは、日本とオーストラリアの構図がはっきりしていたからだ。田中による嬉しい代表初ゴールが生まれた8分のシーンはオーストラリアのビルドアップに前からプレッシャーをかけたところから始まった。
 
 トレント・セインズベリーからボールを受けたGKマシュー・ライアンに対して、伊東が視野の外からスプリントでプレッシャーをかけ、ライアンのコースを限定したことで、展開された右サイドバックのフラン・カラチッチに中央から流れた守田がプレッシャーをかける。ボランチのジャクソン・アーバインがショートパスを受けに行く。

 日本は大迫、南野、守田、遠藤が囲んで、アーバインのコントロールが乱れたところを守田がつつき、南野が拾って遠藤、守田とつなぎ、そこから前向きにボールを持った南野が縦に仕掛けると、アーバインが対応にくる。そこで南野は得意のターンから右足でクロスを出した。この時に198センチのハリー・サウターと人に強いセインズベリーという二枚のセンターバックを外したポイントを狙えるかは得点の鍵だった。

 田中が走り込んだのはまさしくそこのポイントで、大迫をセインズベリー、伊東をサウターがマークしていた外側、しかも左サイドバックのアジズ・ベヒッチの背中を取るポジションで田中が受けて、落ち着いてライアンの逆を取ってゴールの左隅に決めた。

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!
 

 ただ、日本が勢いを持ってオーストラリアを封じ込めるような形を取れていた時間帯は良かったが、前半の終わりに向かって徐々にオーストラリアがムーイとトム・ロギッチのところで起点ができるようになる。日本は自陣で構えた守備の中で、相手のボールホルダーをフリーにしてしまうシーンが目立つようになった。

 その現象について中盤の一角を担った守田は「前半は体力があったなかで、けっこう圧をかけて相手が嫌がっていたのは分かりました。ただ、うまくぼかしながら守備をしてたんですけど、それでもかい潜られたりとか、1回危ないシュートを打たれるシーンがあって、完璧では正直なかった」と振り返る。

 オーストラリアの4-2-3-1を想定して、中盤を3人でカバーするイメージをしていたのは分かるが、それを見越したようにオーストラリアはムーイが中に流れてロギッチ、アーバインら4人で回してくるので、必ず誰かが空いてくる。基本は中央の遠藤がロギッチとムーイを同時に見ながら、守田と田中が相手のボランチ、下がったら大迫が受け渡しで見る形を取っていたが、どうしてもフリーで前を向かれるシーンが出てくる。

 最も危険だった42分のアダム・タガートのシュートがポストを直撃したシーンは、相手のクリアボールから速攻を受けた形で、センターバックの冨安健洋が前に出た背後で吉田麻也が数的不利になった格好だったが、最後は飛び込んでセカンドボールに合わせたムーイに対して遠藤が間一髪ブロックできていなかったら、前半のうちに同点になっていた。

「前半が終わって体力の消耗が大きいなと思いましたし、あとは23番(ロギッチ)と13番(ムーイ)のところでうまく嫌な配置を取られて、マンツーではめ込むのが出来なかったことがあったので、それを自分と航くん(遠藤)とアオ(田中)とサコくん(大迫)の4枚で、相手の4枚をうまく見るような形をとって、ウイングを前に押し出して、ウイングが1番目にプレッシャーをかけるみたいなことを後半は意識してやりました」
 
 そう守田が振り返るように、後半は守備をうまくはめて落ち着いた対応ができるようになったところで、アーノルド監督はメイビルとジョーカーのミッチェル・デュークを同時投入し、前半より縦のスピードを意識した攻撃に切り替えた。

 時を同じくして、森保一監督も大迫に代えて、古橋をセンターフォワードとして投入したが、FWの“壁”のところで裏目に出てしまう。

 左の南野が中央にプレッシャーをかけに行くことで、空いたサイドのスペースでカラチッチにボールを持たれたが、そこに左サイドバックの長友佑都が飛び出して対応に行く。しかし、オーストラリアは逆手に取るように裏のスペースでマーティン・ボイルが受けて、余裕を持ってマイナスのクロス。遠藤がロギッチのマークでボックス内に吸収された状況で、走りこむアイディン・フルスティッチを守田が倒してしまった。

【PHOTO】オーストラリア撃破にはじける笑顔!試合後の日本代表戦士を大特集!
 

「ペナルティエリア内じゃなくて外と分かりながらファウルはした」と守田が振り返るように、一度はPKの判定になったのがVARでFKに訂正されたが、ちょうど古橋が立って壁が低くなっているところをフルスティッチの左足に抜かれてゴールになった。ただ、直後に誰より早く反応してボールをセンターサークルに戻した古橋の意識はしっかりとチームに伝わったようだ。

 やはりアウェーで引き分けでも十分なアドバンテージが取れるオーストラリアと、勝利でしか道が拓けない日本の意識の差は終盤の勢いに表われていたように思う。森保監督は南野に代えて左に浅野拓磨を投入。これで伊東、古橋、浅野と俊足の3人が前線に並ぶ形になった。

 86分に訪れた歓喜の勝ち越しゴールは吉田からのロングボールを浅野が受けて、シュートはGKライアンに触られたが、そのボールがファーポストを直撃すると、カバーに走ってきたべヒッチに当たってゴールに吸い込まれるというラッキーな形だった。しかし、制限があるなかでも手拍子で応援するサポーターの後押しもあり、希望をつなぐゴールが生まれたのは印象的だった。

 勝点3という結果が出たことでポジティブな論調も目立つが、内容的には課題が多い。ただ、土壇場での思い切ったシステム変更や選手起用が新しい流れを呼び込むことは間違いないし、ここから対戦する相手も日本の出方を絞りにくくなる。
 
 そうした一つひとつ加わる要素が次に生きてくるのが最終予選であり、日替わりヒーローが生まれていくのも大事な要素だ。

 今回の成功で自信を持つこと、前向きに向かっていくことは大事だが、決して盤石な内容でも試合運びでもないことを肝に命じて、ベトナム、オマーンとの11月のアウェー2連戦、さらにはその先へ進んでいくべきだろう。

取材・文●河治良幸

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポーター!
 

関連記事(外部サイト)