「ウチダさん、ドイツ語喋れないじゃないですか」日本代表戦士の“ツッコミ”に内田篤人も思わず…「ズバッと言ったなぁ」

「ウチダさん、ドイツ語喋れないじゃないですか」日本代表戦士の“ツッコミ”に内田篤人も思わず…「ズバッと言ったなぁ」

不動の右SBとして活躍したシャルケ時代を回想した内田氏。DAZN/Suguru Saito



 元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の中で、フランクフルトの日本代表MF鎌田大地とオンラインで対談している。

 内田氏が質問して鎌田が答えるインタビュー形式で進んだが、25歳の後輩が逆質問をする場面があった。

 自身がプレーしているブンデスリーガで、シャルケの主力として活躍した先輩に対し、鎌田は「内田さん、ドイツ語喋れないじゃないですか、あんまり。どうやって生活していたんですか? チームで食事会とかある時に、どうしていたんですか?」と直球質問をした。

【動画】「この中で会ってみたい選手は?」内田篤人の問いかけに影山優佳さんの回答は?
 
 このツッコミに、内田氏は「ズバッと言ったなぁ」と大笑い。「試合に出ていたから、みんなが居場所を作ってくれた」と返し、こう続けている。

「よく試合に出られずに日本に帰る選手に、監督が『言葉が喋れないから』と言うのはフォロー。選手として能力が足りないのを、言葉ができないと言ってくれているだけ。僕は言葉が喋れなくても、プレーできればいいと思っていた」

 そして、「行事ごととかは、内田がいるポジションをみんなが作ってくれた。喋れなくても、ニコニコしていればいいよって、みんなが優しかった」と当時を振り返った。

 これには鎌田も、「試合に出ている人が一人でポツンといるのと、出ていない人が一人でいるのとでは、見え方が全然違いますもんね」と納得した様子だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

関連記事(外部サイト)