【識者に問う|日本代表は何点? 監督は続投?】65点。遅すぎた改編という感は否めないが…即時解任はNO。ただ限界も見えている

【識者に問う|日本代表は何点? 監督は続投?】65点。遅すぎた改編という感は否めないが…即時解任はNO。ただ限界も見えている

オーストラリア戦に勝利し、ゴール裏のサポーターへ挨拶をする日本代表。今後の展開やいかに。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 10月のカタール・ワールドカップ・アジア最終予選で日本代表は1勝1敗という結果となった。通算2勝2敗でグループBの4位につける。果たして、日本代表をつぶさに追うライター陣は今回の2連戦をどう評価するのか。また、オーストラリア戦前に取り沙汰された森保監督の進退問題をどう考えるのか。今回は、スポーツライターの加部究氏に見解を伺った。

――◆――◆――
 
Q1 10月シリーズの日本代表は百点満点で何点?

A 65点
 そもそもサウジアラビア戦の戦略を履き違えた。グループBでは、オーストラリアを合わせた3か国を本命サイドだと考えれば、当面のライバルとなるサウジアラビアとのアウェー戦は勝つこと以上に負けないことが大切だった。リスクマネージメントを優先した上でボランチ2枚の布陣で臨むなら、遠藤航のパートナーは守備の強度も備えた田中碧か守田英正が妥当だった。確かに柴崎岳には後方から局面を一変させるパス(視野)もあるが、むしろ後方に保険を賭けてフィニッシュに絡ませた方が真価を発揮する。結局守備の局面で二度の重要なミスを看過し、あまりに交代を先延ばしにしたツケがサウジアラビアの決勝ゴールに繋がった。

 一方勝利するしか後がなくなったオーストラリア戦は、ようやく緊急事態に直面し、重い腰を上げて最適解に辿り着いたという印象だ。新しく着手した4-3-3ではMF3人が互いにポジションを変えても機能し、心臓部分が上手く回転することでチーム全体の推進力を生み出した。結局大一番を左右するのは序盤からの主導権争いなので、前線から飛ばしまくった時間帯に先制出来たこともあり、日本は波に乗れた。ただし消耗覚悟の猛ダッシュだっただけに、フレッシュな力への転換のサイクルは、さらに早めていく必要がある。

 当面のライバル2か国と連戦して勝点3は、最低限のノルマを達成したに過ぎない。森保監督は、東京五輪にオーバーエイジ3枠をフル活用し、自らの理想の布陣で臨んでいる。それは金メダル獲得という目標達成のために、本来五輪世代の選手たちが積むべき経験を犠牲にする決断だった。また大舞台を目指してじっくりとチーム作りを進めてきたのは、ワールドカップへと繋げていく目的もあったはずだ。ところが肝心の最終予選が始まると、過去の検証作業が再開した。

 遅すぎた改編という感は否めない。だがそれでも変革の機会を掴んだことは、一定の評価をしておくべきかもしれない。
 

Q2 森保監督は11月以降も続投か、それとも解任すべき?

A 続投
 即座に解任するべきかと言えばNOだ。最大の理由は、次期監督は慎重に最適任者を選び出すべきだからだ。巷間伝わる候補リストが全て核心を突いているとは思えないが、拙速人事は事態を悪化させる。

 ただし現体制に様々な点で限界が見えていることも事実だ。森保一監督は、常々繰り返しているコンセプトを浸透させたのかもしれない。だが反面、欧州で戦い指揮官以上に濃密な経験値を持つ選手たちが、言われたからそれを実践しているとも思えない。
 

 一方でプレスのかけ方、ボールの回し方などの細部は、選手たちがピッチ上の話し合いで詰めている様子が伝わって来る。もちろん自主性を促す活動は、成長過程では必要だ。しかし活動時間が限られた代表チームで、このやり方が適しているとは思えない。主力選手たちは「監督ともしっかりと話している」と言うが、やはり代表チームなら監督が明確な方針を定め、チーム内の誰が出ても同じようにタスクを遂行できる体制であるべきだ。同じ絵を共有できるのが選手同士の労作では、早晩限界が来る。

 しかし表出している現象は、当然森保監督だけに起因するわけではない。日本代表は、さらに門戸を広げて優秀なスタッフを募り、最良のチーム作りを考えていくべきだと思う。

文●加部 究(スポーツライター)

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!

【PHOTO】日本 2-1 豪州|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点とされるも宿敵から勝点3もぎ取る!

関連記事(外部サイト)