【識者に問う|日本代表は何点? 指揮官は続投?】合格点には届かぬも新戦力台頭で明るい兆し

【識者に問う|日本代表は何点? 指揮官は続投?】合格点には届かぬも新戦力台頭で明るい兆し

オーストラリア戦では初スタメンで初得点をマークした田中。今後さらに出番が増えそうだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 10月のカタール・ワールドカップ・アジア最終予選で日本代表は1勝1敗という結果となった。通算2勝2敗でグループBの4位につける。果たして、日本代表をつぶさに追うライター陣は今回の2連戦をどう評価するのか。また、オーストラリア戦前に取り沙汰された森保監督の進退問題をどう考えるのか。今回は、フリーライターの元川悦子氏に見解を伺った。

――◆――◆――
 
Q1 10月シリーズの日本代表は百点満点で何点?

A 50点
「最終予選前半戦の山場。ここでしっかり結果を出せばワールドカップ(W杯)に近づけますし、結果が出なければ厳しくなる」と絶対的1トップ・大迫勇也(神戸)が強調していた通り、10月2連戦は何よりも結果が必要だった。9月のオマーン戦(吹田)の黒星を取り返す意味ではサウジアラビア・オーストラリアに2連勝で勝点6が理想的で、最低限でも4は確保したかった。

 しかしながら、ご存じの通り、敵地でのサウジ戦でまさかの敗戦。オーストラリアには辛くも勝ち切ったものの、最低ノルマの4に届かなかった。全勝のサウジ、3勝1敗のオーストラリアとの差を詰め切れていないうえ、オマーンにも得失点差で下回っての4位という現状を踏まえると、やはり合格ラインの60点を与えるのは難しい。

 特に4戦終了時点で4ゴールしか奪えていない決定力不足は深刻だ。得点源として期待された大迫はまだ1点にとどまっているし、南野拓実(リバプール)もまだ無得点。流れの中でしっかり決めたのは、オーストラリア戦の田中碧(デュッセルドルフ)くらい。徹底マークされる中でもゴールを量産できないと得失点差争いでも厳しくなるのは確かだ。

 ただし苦境の中でも、オーストラリア戦で4-3-3の新布陣を採用し、最終予選初出場の田中碧のようなフレッシュな新戦力が台頭し、風穴を開けた点は評価できる。中盤の支配力や構成力、組織的な守備を含めて機能していた点を踏まえると今後の浮上の可能性は感じられる。「チームとしては4-2-3-1と今日の4-3-3の新たなオプションが2つできたと思うので、そこはポジティブ」と遠藤がコメントした通り、残り6戦で敵をかく乱できる体制への布石を打てたのも大きい。

 サウジ戦までの「主軸固定状態」から一歩抜け出したことも特筆すべき点。ただ、それが1試合で終わってしまったら元も子もない。森保監督がより一層、柔軟なマネージメントができるかどうかが現体制の存亡の分かれ目になるだろう。
 

Q2 森保監督は11月以降も続投か、それとも解任すべき?

A 条件付き続投
 オーストラリア戦勝利を受けて、日本サッカー協会の田嶋幸三会長も「今は代えるタイミングにない」と語ったというが、11月にすぐベトナム、オマーンとのアウェー2連戦が控えていることを考えると確かに即時体制変更は得策ではない。チームに希望が見えてきた時だけに、もう少し森保監督で継続し、ここからV字回復できるかどうかを見極める方がベターと言っていい。

 ただ、今の日本は残り6戦で全勝しても、2位以内を確保できるかどうか分からない状況。ベトナム・オマーンに取りこぼしをした場合には思い切った決断が必要になってくる。その次の中国・サウジアラビアホーム2連戦は1月末〜2月にかけてで、立て直しの時間的余裕が生まれるため、ここは待ったなしの対応が求められてくる。

 キャプテン・吉田麻也(サンプドリア)が「森保さんほど選手ファーストの監督はなかなかいない。みこしを担ぎたい」と話したように、選手の自主性を重視する指揮官のやり方にプレーする側は好感を抱いているし、絶対的信頼も寄せている。

 だが、監督というのは、ここぞという時に迅速な決断が必要になるし、時には非情な要求も突きつけなければいけない。そういう厳しさを森保監督が持てるのか否かが続投への分かれ道。オーストラリア戦で柴崎岳(レガネス)を先発から外したように「調子が悪ければ誰でも下げる」といった毅然とした態度をここから先は示すこと。彼が延命するにはそういう注文もつけたいところだ。

文●元川悦子(フリーライター)

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!

【PHOTO】日本 2-1 豪州|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点とされるも宿敵から勝点3もぎ取る!

関連記事(外部サイト)