欧州ビッグクラブの「最新戦術ガイド」。基本スタイルや主要4局面の機能性は?今後の見どころは?【ワールドサッカーダイジェスト最新号は10月21日発売】

欧州ビッグクラブの「最新戦術ガイド」。基本スタイルや主要4局面の機能性は?今後の見どころは?【ワールドサッカーダイジェスト最新号は10月21日発売】

この表紙が目印!



 10月21日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号は、欧州ビッグクラブの「戦術」に迫った特集です。

 開幕から約2か月。欧州の各ビッグクラブはどんなスタイルを志向し、実際にどんなパフォーマンスを見せているのか。海外エキスパートが基本スタイルを解説しつつ、主要4局面(攻撃、守備、ポジティブ・トランジション、ネガティブ・トランジション)の機能性もチェック。さらにポイント解説として、興味深い取り組みや今後の見どころを深掘りしています。この夏はレアル・マドリーをはじめインテル、ユベントス、バイエルン、トッテナムなど新監督を迎えたクラブが多かったので、改めて整理するうえでも完全アップデートした「最新戦術ガイド」をぜひご覧ください。

扱っているビッグクラブは、以下の15クラブです。
◆チェルシー
◆リバプール
◆マンチェスター・シティ
◆マンチェスター・ユナイテッド
◆トッテナム
◆アーセナル
◆レアル・マドリー
◆アトレティコ・マドリー
◆バルセロナ
◆ミラン
◆インテル
◆ユベントス
◆バイエルン
◆ドルトムント
◆パリ・サンジェルマン
 さらにセリエAとブンデスリーガの両リーグは、ビッグクラブ以外の注目クラブもピックアップ。それぞれ最新のスタイルを分析しています。セリエAはナポリ、ローマ、ラツィオで、ブンデスリーガはRBライプツィヒ、レバークーゼン、ケルンのそれぞれ3クラブ。ここまでどんなパフォーマンスを披露しているのか。

 インタビューは、バイエルンの主軸に君臨するMFヨシュア・キミッヒと、今夏のコパ・アメリカでアルゼンチン代表を優勝に導いたリオネル・スカローニ監督が登場! 目から鱗の言葉が盛りだくさんです。

 そして連載も充実。赤丸急上昇中のニュースターを取り上げる『新星発見』は、バルセロナのガビとドイツ代表の新鋭、カリム・アデイェミを紹介します。またフットボーラーの『ファッション診断』では、ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)のオシャレ度をチェックしました! 派手な個性派かと思いきや……。

 さらに精神科医の木村好珠先生が“誌上開業中”の『一流プレーヤーのメンタル解剖』は、マンチェスター・シティのケビン・デ・ブルイネが診断対象者。あの驚異的なパフォーマンスと安定感の秘密が明らかに!?

 ポスター付録は、マンチェスター・ユナイテッドに帰還したクリスチアーノ・ロナウドと、ミランでブレイク中のヤングタレント、サンドロ・トナーリです。

インターネット販売はこちら!

関連記事(外部サイト)