「守備は十分に堅固だった。だが…」冨安健洋の課題を現地メディアが指摘!「混乱しているように見えた」プレーとは?

「守備は十分に堅固だった。だが…」冨安健洋の課題を現地メディアが指摘!「混乱しているように見えた」プレーとは?

アストン・ビラ戦でフル出場を果たした冨安。(C)Getty Images



 現地時間10月22日に開催されたプレミアリーグの第9節で、冨安健洋が所属するアーセナルはアストン・ビラとホームで対戦し、3‐1の快勝を飾った。

 右SBで6試合連続のスタメン出場を果たした冨安は、1対1の守備で相変わらずの強さを発揮。とりわけエアバトルでは圧倒的だった。何度かドリブルで持ち上がる場面もあり、攻撃面での積極性も光った。

 現地メディアの評価も上々だ。英衛星放送『SKY SPORTS』はチーム3位タイの「7点」をつけている。

【動画】冨安がワンツーでお膳立て! クリスタル・パレス戦の先制ゴールをチェック
 一方、及第点の「6点」とやや厳しめだった地元メディア『football.london』は、「守備は十分に堅固だった」としながらも、攻撃面での課題を挙げている。

「日本代表は、しばしばドリブルで持ち上がって行ったが、ファイナルサードでのアイデア不足は明らかだった。何をすべきか混乱しているように見えた」

 攻め上がった時の右サイドハーフとのコンビネーションが、今後の課題になりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

関連記事(外部サイト)