仙台が残留へ気迫の勝点3! 関口&氣田のゴールとスウォビィク好守連発、広島を2-0撃破

仙台が残留へ気迫の勝点3! 関口&氣田のゴールとスウォビィク好守連発、広島を2-0撃破

先制点を挙げた関口。写真:滝川敏之



 J1リーグは10月23日、各地で33節の5試合を開催。ユアテックスタジアム仙台では、ベガルタ仙台対サンフレッチェ広島が行なわれ、仙台が2-0で勝利を収めた。

 前節最下位の仙台は、残留へ向け負けられない。一方、同10位の広島は3連勝を目指しての一戦となった。

 試合はホームの仙台が序盤から積極性を見せる。開始10分には、右サイドから崩し、中央で富樫敬真のポストプレーを経由し、最後は走り込んだ関口訓充が右足で狙い澄ましたコントロールショットをゴール右に突き刺す。仙台が先制に成功した。

 その後は広島の反撃に遭った仙台だが、守護神ヤクブ・スウォビィクの再三の好守で得点を許さず、前半を1点リードで折り返した。
 
 後半も広島が攻勢に出るが、仙台も効果的なカウンターで押し返す。すると後半アディショナルタイムには、右サイドから途中出場の氣田亮真が強烈なシュートを叩き込み、2点目をゲット。仙台が広島を突き放す。

 結局、試合は2-0でタイムアップ。仙台が残留へ貴重な勝ち点3を上げた。仙台は勝点を26に伸ばした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)