オマーン戦の推奨スタメンは?|守田の代役には、ボックス内で目を引くプレーを見せる柴崎を推す【記者の視点】

オマーン戦の推奨スタメンは?|守田の代役には、ボックス内で目を引くプレーを見せる柴崎を推す【記者の視点】

内田記者のオマーン戦推奨スタメン。



 カタール・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本代表は、11月シリーズではいずれもアウェーでベトナム、オマーンと対戦。1-0で勝利したベトナム戦に続き、オマーン戦でも白星を飾れるか。9月の予選初戦で黒星を喫している相手に借りを返したい。リベンジマッチとなる一戦に、森保ジャパンはいかなるメンバーで挑むのか。報知新聞社の内田知宏記者に、推奨スタメンをセレクトしてもらった。

――◆――◆――
【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 過去の対戦を振り返っても、アウェーのオマーン戦は苦戦する印象がある。最終予選初戦で敗れた相手へのリベンジマッチであると同時に、ワールドカップ出場権獲得を目指すうえでポイントになる一戦。選手起用を含め、オマーン対策を十分に持って試合に向かいたい。

 1トップは大迫勇也。所属クラブで活躍する古橋亨梧も魅力的だが、日本代表は4-3-3へ移行したばかり。1トップへのサポートがあいまいななか、1トップを替えるのは得策ではないと判断した。サイドでの攻撃で優位性を生み出す意味でも、大迫のキープ力に期待したい。

 左FWは南野拓実。サイドチェンジを交えながら、攻めるというオマーン攻略を考えると、浅野拓磨よりも南野のほうが適すると判断した。右FWは伊東純也。ほかに選択肢はないと言っても過言ではないほどのプレーを見せている。

 出場停止の守田英正の代役には柴崎岳を推したい。ベトナム戦で見せたボックス内でのプレーが目を引いた。鹿島時代によく見たプレーで、ダブルボランチから1つ前のポジションでは違った魅力を発揮することを再認識した次第。残りの2枚は、直近2試合と同じ田中碧、遠藤航の組み合わせになる。

 ディフェンスラインは、右SBに負傷が癒えた酒井宏樹を。CBは不動の2人を置き、左SBには中山雄太を送り出したい。ビルドアップに力を発揮するタイプのSB。左利きで、逆サイドの伊東に長いパスを送ることができる。前回のホーム・オマーン戦ではサイドチェンジがほとんどなく、相手の守備は常にセットされていた。揺さぶりを狙う今回の対戦では、左利きのほうが遂行しやすい。

 年内最後の国際Aマッチ。3連勝を飾り、先が見える状況で2022年のワールドカップ・イヤーを迎えたいところだ。

取材・文●内田知宏(報知新聞社)

【PHOTO】W杯アジア最終予選ベトナム、オマーン戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【PHOTO】オマーンとのリベンジマッチに備え、着々と準備を進める日本代表を特集!
 

関連記事(外部サイト)