得点シーンに象徴される日本代表変革の必要性。三笘薫&田中碧は五輪経由でW杯に出場したレジェンドたちに肩を並べられるか

得点シーンに象徴される日本代表変革の必要性。三笘薫&田中碧は五輪経由でW杯に出場したレジェンドたちに肩を並べられるか

五輪世代の台頭が期待される。筆頭は三笘(左)と田中(右)だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 いつの日本代表にも新しい選手が入って来て、チームに刺激を与え、いつの間にか、主力になっていく。そうしてチームは新陳代謝を繰り返して強くなっていく。

 現代表で、そういう選手になりつつあるのが、伊東純也(28歳)、田中碧(23歳)、三笘薫(24歳)ではないだろうか。

 オマーン戦では日本のストロングポイントである伊東と期待のドリブラーの三笘がうまく呼吸を合わせて、ふたりで決勝ゴールをもたらした。それが、非常に象徴的だ。

 過去の日本代表を見ても予選でブレイクした選手が、その後の本大会でチームに好影響を与えている。

 フランス・ワールドカップ(W杯)最終予選では、名波浩が入ってボランチの軸となり、のちに中田英寿が台頭、チームの力を格段にアップさせた。このふたりがいなかったら“ジョホールバルの歓喜”と言われるW杯への道が開けていたかどうか微妙になっていたはずだ。

 日韓W杯は最終予選がなかったが、三都主アレサンドロの加入はチームに大きな影響を与えた。

 ドイツW杯最終予選では、主力に大きな変化がなかったが、福西崇史がボランチのポジションを奪い、最終的に中田英寿と組んで攻守において大きな役割を果たした。
 
 南アフリカW杯では、3次予選から長谷部誠が入り、最終予選からは松井大輔、大久保嘉人らが加わり、チームの主力になっていった。この3人は本大会ベスト16入りに大きく貢献している。

 ブラジルW杯の時は、最終予選を突破した後の、東アジアカップ2013に出場した中から山口蛍、大迫勇也、森重真人らが選ばれ、チームを大いに活性化した。

 ロシアW杯最終予選では、乾貴士が途中からチームに入り、最終的に本大会では際立つ活躍を見せた。原口元気も2次予選ではレギュラーではなかったが最終予選ではタイ戦から4試合連続でゴールを決めて、本大会ではふたりとも主力になった。

 こうしてみると最終予選などで登場し、チームに刺激を与えた選手は、ほぼ全員、本大会でも主力レベルの選手に成長している。

 森保一監督の日本代表も今後、また新しい選手が出てくる可能性もあるが、伊東、田中、三笘の3人は間違いなくチームの軸になっていくだろう。もっともすでに伊東は右サイドでストロングポイントになっており、田中も最終予選、2試合目にしてすでに主力の貫禄を見せている。三笘は、このオマーン戦が代表デビューになったが、停滞気味のチームの攻撃にドリブルでよい流れを生み、その影響で守備にも強度が出てくるなど、攻守に好影響を与えた。流れを変えられる選手の典型で、ロシアW杯での乾のような活躍が今後もイメージできる。
 

 さらに、三笘と田中は、ともに今夏に行なわれた東京五輪世代。

 実は、過去に五輪から2年後のW杯本大会にメンバー入りし、活躍した選手はそれほど多くはない。

 96年のアトランタ五輪からフランスW杯の本大会のメンバー入りをして、主力になったのは城彰二、中田英寿、川口能活の3人。

 トルシエ監督がA代表と兼任していた2000年のシドニー五輪からは多くが日韓大会のメンバー入りを果たした。フランスW杯にも出場している中田英寿のほか、柳沢敦、稲本潤一、中田浩二、宮本恒靖、松田直樹らが、02年の日韓大会で主力としてプレーした。この時が五輪から即、A代表で活躍した選手が一番多く、かつ重要なポストを任されていた。

 アテネ五輪からは茂庭照幸、駒野友一がドイツW杯のメンバーに選出されたが、ふたりとも基本は控えだった。

 北京五輪から南アフリカW杯で主力になったのは、本田圭佑と長友佑都で、特に本田はこの大会でエースに成長した。内田篤人は大会直前までレギュラーだったが、本大会ではスタメンから外れた。
 
 ベスト4に進出したロンドン五輪から、ブラジルW杯のメンバーに入った選手は、清武弘嗣、山口蛍、酒井高徳、酒井宏樹、齋藤学、権田修一の6名いたが、ほとんど試合に絡めずに終わった。

 リオ五輪からロシアW杯でメンバー入りした選手は、遠藤航、大島僚太、植田直通、中村航輔の4人だが、彼らは出場時間がゼロに終わっている。

 五輪を経験した後、A代表に入ってもチームはほぼ完成している状態で、そこに割って入り、レギュラーを奪うには、よほどの力がないと難しい。もうひとつ先のW杯ではどの世代も主力になっていくが、五輪の若い選手に直近のW杯は高いハードルになっている。

 ただ、田中と三笘は今回、最終予選を戦いつつ、チームの完成度を高めていく段階で自分の良さを発揮している。二人ともに武器が明確で、それが圧倒的な存在感を放っている。何よりも伊東も含めてチームの勝利に結果で貢献しているのが大きい。

 こうした新陳代謝はチームにとっては欠かせない。大胆な采配、選手起用を見せない森保監督だが、停滞したチームには、新しい血の投入なくして容易には変革できない。オマーン戦で三笘が見せたチームを変えるプレーと勢いは、今もこれからも森保監督のチームにとって一番必要とされているものに違いない。

文●佐藤 俊(スポーツライター)

【W杯アジア最終予選PHOTO】オマーン0-1日本|期待の三笘の突破から伊東が決勝点!貴重な勝利を手にし、豪州をかわして2位浮上!

【PHOTO】敵地・オマーンで日本代表を応援するサポーターを特集!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?