「とんでもないバーゲン価格だ」シュツットガルトが伊藤洋輝の買取りへ! 指揮官が認めたと現地紙報道

「とんでもないバーゲン価格だ」シュツットガルトが伊藤洋輝の買取りへ! 指揮官が認めたと現地紙報道

ブンデスリーガで奮闘している22歳の伊藤。(C)Getty Images



 現地時間11月26日に行なわれたブンデスリーガ第13節のマインツ戦で、日本代表MF遠藤航とともに先発したシュツットガルトのDF伊藤洋輝が、加入後初ゴールを記録。2-1の勝利に貢献した。

 今夏にジュビロ磐田から期限付き移籍で加入した22歳は、慧眼で知られるスベン・ミスリンタートSDがスカウトしたことで話題を呼んだ。当初はBチーム所属が想定されていたが、故障者が出た影響でシーズン前のキャンプでチャンスを得て、トップチームに合流。現在はリーグ戦7試合連続で先発し、3バックの一角で奮闘している。

 マインツ戦は左CBで先発した伊藤は、21分に利き足とは逆の右足で放ったシュートで先制弾をゲット。攻守にわたって存在感を示し、現地誌『kicker』の採点では「2.5」の高評価を得た(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)。

 また、現地紙『BILD』は28日付けで、試合後の記者会見で、ペッレグリーノ・マタラッツォ監督が伊藤の活躍に言及したと伝えた。

【動画】遠藤航と揃って先発し、移籍後初ゴール! 伊藤洋輝のマインツ戦のパフォーマンスをチェック
「おそらく、これまでの彼のパフォーマンスの中では最高の出来だった。大柄のCBはシュツットガルトにとって、今シーズンのポジティブなサプライズのひとつだ。夏にミスリンタートSDが日本の2部チーム、ジュビロ磐田から10万ユーロ(1250万円)で借り受けた時には、彼はBチームの補欠要員だった。だが、人手不足でトップチームでのチャンスを与えられ、それを最大限に生かした」

 そして、その能力は指揮官に高く評価されているという。

「マタラッツォ監督は『イトウはとても良くやっている』と称え、守備面だけでなく、ボールの供給源となれる能力を認めている。得点は決して偶然ではないが、右足でのゴールには驚いたとも口にした。そして、『我々は彼と契約するだろう』と買取オプションを行使することも認めた。なんと、移籍金は40万ユーロ(約5000万円)という、とんでもないバーゲン価格だ」

 ドイツで評価を高め続けている22歳は、今後の成長が楽しみなひとりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!

【PHOTO】世界有数のスーパーカーがずらり! C・ロナウドの「愛車コレクション」を一挙公開!
 

関連記事(外部サイト)