「ゴージャス!」バロンドール7度目受賞のメッシを称え、“黄金のヤギ像”7体がエッフェル塔前に出現! 驚きの光景が大反響

「ゴージャス!」バロンドール7度目受賞のメッシを称え、“黄金のヤギ像”7体がエッフェル塔前に出現! 驚きの光景が大反響

壇上では仲間や家族に感謝を述べていたメッシ。(C)Getty Images



 現地時間11月29日、仏誌『France Football』主催の、その年の世界最優秀選手に贈られるバロンドールの授賞式がパリのシャトレ座で開催され、パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年ぶりに受賞した。

 メッシは自身の持つ6度の受賞という記録をさらに塗り替え、7度目の受賞という偉業を達成。世界的スターである名手には、多方面から祝福が寄せられている。

 そんななか、パリの象徴であるエッフェル塔の前に黄金のヤギ像が7体並べられた風景がSNS上で公開され、大きな反響を呼んだ。

【写真】誰もが知っているエッフェル塔の前に、黄金のヤギがずらり7体! 圧巻の光景をチェック
 仕掛け人はスポーツサプライヤーのアディダス。ヤギ(GOAT)が象徴として選ばれたのは、スポーツ界における「Greatest of All Time(史上最高)」を表わす言葉として、SNSなどで絵文字のヤギが多用されていることに由来している。今回のメッシの受賞に合わせて作成されたのか、ヤギとボールをかたどった黄金像が7つ、エッフェル塔を背景にずらりと並んでいる光景は圧巻だ。

 メッシ本人もこの写真を引用し、「ありがとう!」とコメント。ファンからは「レジェンドの偉業をたたえるにふさわしい」「これ、エッフェル塔の前に行けば見られるのか?」「ゴールドの存在感がすごい」「目がチカチカしそう」「ゴージャスな風景だな!」「ライトアップされたら見に行きたい」といった声が寄せられている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

世界最高選手の称号!歴代バロンドール受賞者44人を振り返る――1986〜2019

世界最高選手の称号!歴代バロンドール受賞者44人を振り返る――1956〜1985
 

関連記事(外部サイト)