【月間表彰】驚異のスピードが話題となった横浜MF仲川輝人の猛プレス→絶妙アシストはなぜ生まれたのか?「サブの時は30分頃までベンチには入らない」

【月間表彰】驚異のスピードが話題となった横浜MF仲川輝人の猛プレス→絶妙アシストはなぜ生まれたのか?「サブの時は30分頃までベンチには入らない」

10月の月間ベストアシストを受賞した仲川。驚異のスピードは圧巻だった。(C)SOCCER DIGEST



 DAZNとパートナーメディアによる「DAZN Jリーグ推進委員会」では、「Jリーグ月間表彰」企画を実施している。スポーツ・サッカー専門メディアが独自の視点で、その月に印象的な活躍を見せた選手やチームを表彰する同賞。サッカーダイジェストWebは「Jリーグ月間ベストアシスト」を毎月選出している。

 10月のベストアシストには、横浜F・マリノスの仲川輝人が第31節の湘南ベルマーレ戦で披露した、驚きのボール奪取から前田大然のゴールを演出したアシストをチョイス。SNS上でも話題となったあのシーンを本人に振り返ってもらうとともに、今シーズンについても振り返ってもらった。

――◆――◆――

【動画】月間ベストアシストに輝いた仲川輝人の猛プレス→絶妙パス
――湘南戦にアシストを10月のベストアシストに選出させていただきました。おめでとうございます。

「ありがとうございます!」

――スコアレスの状態で、三枚替えのひとりとして途中出場しました。(ケヴィン)マスカット監督からの指示は?

「試合が停滞していた時間帯だったので、スピード感を持ったプレーだったり、裏に抜ける動きをしてくれっていうことでした」

――アシストは入って2分後でした。「ボールに追いつけるな」という感じで石原(広数)選手を追って行った?

「追いつけるなというよりは、攻守の切り替えの速さは特に徹底しているので、自然と身体が動きました。相手に自由にさせないというか、相手ボールになった時にどれだけ早く相手にプレスにいけるかという気持ちでボールに寄っていった時に、相手がキーパーを見ていたのでその瞬間にコレはいけるなっと。切り替えの速さとか、チームでやってきた事が自然とできるのが、ウチの良さだと思うので、それが良い形で出て、アシストまで行けたと思います」

――いきなりフルスプリントでしたね。

「いつでもフルスピードでできるように、アップも入念にしてやっています。サブの時は、前半30分頃までベンチに入らず、ロッカーのところでアップをしています」

――そういった入念な準備が、あのアシストに繋がったんですね。ボールを奪って持ち込んだ後、パスを出せるタイミングで一度タメたように見えましたが中を見たうえでの判断だった?

「しっかり中は見られていたし、ボールを奪った時のファーストタッチで相手選手の前に入れたので、足を引っかけてきたらPKになるという自分の方が優位な立場だったので、中の人数をしっかり把握できていました。あの時は、マルコス(ジュニオール)と大然と(杉本)健勇がいて、最初はマルコスに出そうとしましたが、相手がコースを切ってきたので、ひとつタメて、ステップで相手の動きをずらした感じですかね。奥の大然が見えていたので、キーパーに当てないように意識しながら合わせました」

――仲川選手の良さが凝縮されたようなアシストでした。

「気持ちよかったですね。相手の逆を突くプレーが好きだし、それが試合でできて、得点につながったのは嬉しいです。ただ、自分が点取ったわけじゃなく、アシストしただけなので、大然がよく決めてくれたなと思います」

――SNSでは、そのシーンでのスピードへ驚きの声がありました、チーム内では何番目ぐらいの速さ?

「ウチは速い選手がたくさんいるので、ランキングをつけるのは難しいですね。チアゴ(マルチンス)も、宮市(亮)も、大然も、エウベルもみんな速いので。前線の選手は特にスピードが武器の選手が非常に多いので、何番目かは決められないですね」
 

――これまでのキャリアで記憶に残るアシストは?

「アシストは、あんまり覚えてないんですよね。やはりゴールの方が覚えていますね。今シーズンなら、三ツ沢での大分戦のアシストかな。それも大然が点を取ったんですけど、あそこまで抉るというのは自分の中ですごく大事にしていて、抉ってからいかに冷静になれるかっていうのはすごく大事だし、自分の特徴でもあると思います。その冷静さという面では、大分戦のアシストは流れや崩し方を含めて、今年はそれが一番印象に残っています。引いた相手にああいう崩しがもっとできれば、もっと強くなると思います」

――前田選手はゴールを量産していますね。

「去年はたしか3点でその悔しさもあったと思います。点を取るたびに自信がついてくるので、それが今季の得点王争いをするぐらいの成長に繋がったと思う。自分が得点王になった時(2019年)も、徐々に打てば入るみたいな感覚になっていきました。これは入るなとか感覚が研ぎ澄まされていくので、その域に行っているのかなと思います。僕はリーグで今年1点しか取っていないので(インタビュー後の神戸戦で2点目を記録)、大然はすごいと思いますし、チームとしてすごく助けてもらっていることが多い。彼はチームのために何かしようという気持ちがすごく強いので、攻撃だけじゃなく守備もしっかりやってくれるし、ボールを奪ってくれる。その部分においても貢献度はすごいし、そういった守備を怠らないことが、ゴールとして自分に返ってくる、みたいなとことがあると思います。僕も守備頑張らないと(笑)」

――やはりご自身のゴール数は気になる?

「点は取りたい気持ちはありますけど、他に点を取ってくれる人が近くにいるから、まあいいかなって思います。そこで手助けというか力になれればいいかなと。得点が取れて、勢いがある人のところには、自然とボールが集まってきたり、こぼれたりするものなので」
 
――今季のチームの戦いぶりはどう感じている?

「開幕戦でフロンターレに負けて良いスタートは切れなかったですけど、自分たちのサッカーはブレずにやってきましたし、フロンターレを追い越すことだけを考えながらやってきました。悪くはなかったです。フロンターレに自分たちはしがみついて、夏の終わりくらいに追いつけそうだったんですけど、そこでこっちが負けたり引き分けたりして勝点を取れなかったことで差が開いてしまった。Jリーグを盛り上げようとはしていますが、素直に言うとフロンターレが強かった。ただ、自分たちも試合数の違いはありますけど、優勝した時の勝点も超えているし、得点数も増えているので、取りこぼしをいかに少なくするかが今後の課題だと思います。もっともっと上に行けるし、成熟度というか自分たちの内容も格段に上げられると思うので、そういった一つひとつの課題を消していくっていうのが来シーズンに優勝するためのポイントと思います」

――フロンターレは夏に三笘(薫)選手や田中(碧)選手が抜けましたが、周囲の座を明け渡しませんでした。どのあたりに強さを感じる?

「海外に行った選手が抜けても、土台、基礎がしっかりしていて、サブだった選手も能力が高い。それを試合で発揮できるというのも、上位にいるチームの必要な力だと思うし、それがフロンターレはずば抜けていたと思います。自分たちも良い選手がいるし、途中出場でも結果を残せる選手もいるので、負けていないと思うんですけど、ちょっとの差だったり点を取れるか取れないかの差が出てしまったのかなと」
 

――横浜は監督交代を残り越えて優勝争いをしたのは、評価できる部分だと思います。(アンジェ)ポステコグルー監督が退任する時の率直な気持ちは?

「正直言うと寂しかったし、行ってほしくないというのはありました。ただ、セルティックのようなクラブで監督をやれるチャンスはなかなかないですし、アンジェはチャレンジすることが大事といつも言ってくれていたので、そのアンジェが下した決断を尊重しないと行けないと思いました。その時はちょっと騒がしくなっちゃいましたけど、自分たちはそんなに動揺することも無かったですね。マリノスを360度攻撃的なスタイルに変えてくれたのがアンジェなので、その土台を自分たちがもっと次につなげていかなきゃいけないと思いましたね。むしろ、アンジェより良いサッカーをしてやろう、アンジェ見ていろよ、みたいな気持ちでした」

――マスカット監督に交代後もスムーズに移行できた?

「そうですね。もともとアンジェの下で働いていた人ですし、そういった監督を連れてきてくれたのは大きいです。そこでやり方を変えられると、ウチのチームではなくなってしまうので、同じサッカーが継続できる監督を選んできてくれたのは良かったですね」
 
――仲川選手個人としては、どんなシーズンだった?

「全然満足はしていないし、むしろチームに迷惑をかけているくらいの気持ちです。(ゴールなどの)数字を全然残していないのは、前線の選手としては評価されにくいところなので、来年はそこを覆していくっていう気持ちはあります。去年は怪我で苦しんで、練習でも試合でも、筋肉系の怪我のことは頭の片隅でずっと考えていました。今年は、試合でスプリントしてまた肉離れになったらどうしようとか、そういった思い出したくないことをいかに頭から消すか、いかに100%の状態でプレーするかが、テーマでした。シーズン最初のほうは悩みましたが…」

――いまは恐怖感なくやれている?

「そうですね。今はキレも上がっています。ちょっと上がるのが遅過ぎて、本当に申し訳ないと思うんですけど、これは来年にぶつけたいと思います」

――最終節に、川崎との一戦が残っています。優勝を争った同じ県内のライバルとの一戦に向けて、意気込みをお願いします。

「開幕戦で負けた悔しさもあるし、優勝されている悔しさもある。僕たちのホームで、お客さんはけっこう入ってくれると思うし、Jリーグの中でも注目される試合なので、それに恥じないプレーをしたい。勝利する気持ちが、どちらが強いかが勝負の分かれ目になると思います。お互いに良いサッカーをしていますし、お客さんが楽しんでもらえるサッカーをしながら、最後にホームで勝って笑って、来年に向けて良いイメージで終わりたいと思います」

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

関連記事(外部サイト)