「一緒にやりたかったな」中村憲剛が“憧れの人”イニエスタのチームメイトに嫉妬心?「生きた教科書」

「一緒にやりたかったな」中村憲剛が“憧れの人”イニエスタのチームメイトに嫉妬心?「生きた教科書」

JリーグがYouTubeで中村氏とイニエスタの対談後のアフタートークを公開した。(C)SOCCER DIGEST



 Jリーグが公式YouTubeチャンネルにて、1月22日に放送されるテレビ朝日系列「チャント!! Jリーグ」での企画、“イニエスタ×中村憲剛スペシャル対談”のアフタートークを公開した。

 動画に登場したのは、川崎フロンターレのレジェンドである中村氏だ。ヴィッセル神戸でプレーするアンドレス・イニエスタとの対談を終え、壇上にひとりとなった中村氏にカメラが近づくと、「はぁ〜」と天井を見上げてため息をつき、「満足です」と笑顔を見せた。

「久々にドキドキしました。いまちょっとサッカー少年に戻った感じがしましたね。本当に(イニエスタを)見ていたから。彼が16歳から17歳くらいでバルサデビューしたときから見ているので」
 
 喜びを露わにする中村氏は、現役時代の神戸との対戦を振り返り、「鬱陶しい選手だったのよ。言わなかったけど本人の前では(笑)」とコメント。続けて、「いや〜、(同じチームで)一緒にやりたかったな。一緒に練習するだけで違うと思う。神戸の選手が変わっていっているのはそういうことだから。生きた教科書をずっと見ているわけですよ? それは変わっていきますよ」と神戸の選手たちを羨んだ。

 動画の最後には、「いい時間でした」と満足げな表情を浮かべた中村氏。憧れの選手との対談直後は終始、興奮冷めやらぬ様子だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「久々にドキドキしました」中村憲剛、イニエスタとの対談後のアフタートーク!
 

関連記事(外部サイト)