初招集の西尾隆矢が日本代表合宿で“絶対負けたくない”自身の強み「吹き飛ばされるのが一番嫌い」

初招集の西尾隆矢が日本代表合宿で“絶対負けたくない”自身の強み「吹き飛ばされるのが一番嫌い」

日本代表へ初招集された西尾が、合宿初日を終えた感想を述べた。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部)



 千葉県内でキャンプを実施している日本代表の西尾隆矢が、合宿初日を終えた率直な感想を語った。

 セレッソ大阪でプロ2年目のシーズンとなった昨季は、開幕戦からいきなりスタメンで起用されると、その後もセンターバックのレギュラーに定着。リーグ戦には31試合に出場し、飛躍の1年となった。

 自チームでの活躍が評価され、今回A代表へ初めて招集された西尾は、初日の練習を終え、「(初招集を受けて)最初はびっくりという気持ちがあったが、徐々に実感が沸いてきて、いまは素直に嬉しい」と喜び、「チーム(C大阪)と違って雰囲気、プレーの質、技術もレベルが高い。自分もレベルアップできる」とさらなる成長を誓った。
 
 自身のストロングポイントは対人の強さだという。小学生時代のチームのコーチから、「身体がでかいのに負けるなよ」と言われたことをきっかけに、「サッカーで吹き飛ばされるのが一番嫌い」だと語る20歳は、今回の合宿に対して「(ほかの選手と)年齢差があるなかでも、当たり負けしたくない。先輩の良いところを吸収して、成長に繋げたい」と力強く意気込みを語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】初日から球際で激しいバトル!日本代表の国内組合宿がスタート!
 

関連記事(外部サイト)