国内組はわずか6人…最終予選メンバーに滑り込んだ谷口&山根の川崎勢に求められる役割は?

国内組はわずか6人…最終予選メンバーに滑り込んだ谷口&山根の川崎勢に求められる役割は?

川崎勢のふたりは今回の2連戦で爪痕を残せるだろうか。写真:徳原隆元



 1月17日から千葉・幕張で行なわれていた国内組のみの日本代表合宿が21日の流通経済大との練習試合で終了。相馬勇紀(名古屋)や武藤嘉紀(神戸)、上田綺世(鹿島)らが結果を残し、もうアピールを見せるなか、誰が生き残るか注目されていた。

 迎えた22日午後の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・中国&サウジアラビア2連戦(1月27日・2月1日=埼玉)の代表メンバー発表会見。森保一監督が選んだ国内組は、権田修一(清水)、長友佑都(FC東京)、酒井宏樹(浦和)、大迫勇也(神戸)の主力組4人と谷口彰悟、山根視来の両川崎フロンターレ勢の6人だけだった。

【画像】W杯アジア最終予選の中国&サウジ戦に臨む日本代表招集メンバー23名!
 谷口に関しては、吉田麻也(サンプドリア)の負傷欠場で繰り上がる確率が高まっていたし、山根にしても室屋成(ハノーファー)のケガもあって選出が確実視されていた。「総合的に考えてこのメンバー」と指揮官は説明したが、やはり既存の欧州組の方が序列的に上ということになる。

 もちろん今回は新型コロナのオミクロン株が急拡大した影響で、Jリーグ組はサウジ戦後、6日間は所属チームに合流できないという特殊な環境下にある。かつて自身もサンフレッチェ広島を指揮していた森保監督にしてみれば、「できるだけJクラブに迷惑をかけたくない」という配慮があったことだろう。オフシーズンで公式戦から遠ざかっている国内組よりも、欧州組の方がコンディション面で優位性があることも、選考に反映されたと見られる。

 しかしながら、相馬や武藤、上田が2試合に本当に必要であれば、長友や大迫同様、最終予選メンバーに残したはず。「不測の事態が起きた時には、代表に力を貸してもらいたい」と指揮官は追加招集の可能性も匂わせたが、やはり現段階では欧州組常連メンバーへの信頼度の方が高い。それは紛れもない事実というしかない。

 こうした中、生き残った権田、長友、酒井、大迫の主力メンバーは今後1週間で欧州組同等レベルまでコンディションや強度、走力を引き上げ、球際や寄せの激しさなども高めていくことが求められてくる。

 長友も21日の流経大戦後に「世界で戦うために、ここから最終予選を戦うためには、コンディションやゲーム感など全てにおいて伸ばしていかなきゃいけない。危機感はあります」と厳しい表情で話していた。
 

 国内組の中では圧倒的な存在感を示していた彼らも、欧州組が加わった中で見劣りする部分があれば、再び逆風にさらされ、レギュラー陥落危機に瀕しないとも限らない。最終予選ラスト4戦はもちろんのこと、11か月後のカタール本大会で存在感を発揮し、ベスト8進出という大目標達成の担い手になるためにも、ここからギアを一段階二段階アップさせることが肝心だ。

 一方、昨年11月のベトナム・オマーン2連戦(ハノイ・マスカット)に先発フル出場した山根は、今回は2番手からのスタートとなりそうだ。前回2試合は酒井宏樹が負傷し、川崎で好調を持続していた彼に出番が回ってきた格好だが、現在は酒井も復調。21日の流経大戦でも後半からサブメンバーとプレーするにとどまっている。
 
「あれだけのフィジカルのサイドバック(SB)は日本にはなかなかいない。本当に特別な存在です。ただ足が速いだけじゃなくて、ダイナミックさや日本人ではあまり見たことのないパワフルさがある。これはすごいな、大変だなと思いました」と山根自身もドイツ・フランスで世界と真っ向勝負を演じてきた酒井宏樹を羨望のまなざしで見つめている。

 けれども、彼には彼の強みがある。タッチライン際を繰り返しアップダウンできる無尽蔵の体力や献身性、チャンスメイク、フィニッシュに絡んでいくといった攻撃力という武器をより強烈にアピールしていくことが重要だ。酒井の状態にもよるが、今回も2連戦の一方、あるいは2戦続けて途中出場で出られる可能性もないとは言えない。すでに最終予選を経験している分、森保監督も山根の起用をすんなり決断できる状況にはある。そのアドバンテージを大いに生かすべきだ。

 そしてラストの谷口は、吉田の穴埋め役を巡るバトルに身を投じることになる。センターバック(CB)の1人は冨安健洋(アーセナル)でほぼ決まりと言っていい状況で、板倉滉(シャルケ)、植田直通(ニーム)とともにもう1枠を争わなければいけない。

 年下のライバル2人はドイツとフランスで屈強なFWと日常的に対峙しており、国際経験でアドバンテージがある。冨安と共闘した経験値も高い。となれば、どうしても彼らの方が有利ということになる。

【動画】日本代表候補のトレーニングキャンプが始動! 大迫勇也がチェイス・アンリを吹き飛ばす? 最後には「11対11」も

 しかしながら、谷口には彼ら以上のリーダーシップやマネージメント力、戦術眼、インテリジェンスがある。そこは普段、吉田が担っている部分。谷口はキャプテンに近い役割をピッチ上で遂行できる。その能力を森保監督のいかに認めさせるかが、試合出場へのカギになってくる。
 
「今は(味方への)ライバル心をメラメラ燃やしている段階ではない。どうにかしてゲームに勝つというところにフォーカスしている。チャンスをもらった選手が持ってるものを100%出すことができれば勝利に近づくと思います」と彼はつねに冷静沈着に物事を捉えている。こういった落ち着きをしっかりと示し続けることで、最終予選初出場の道が開けてくるはずだ。

 いずれにしても、彼ら国内組には5日間、トレーニングを積んだ成果を生かしてもらわなければ意味がない。時差調整や移動負担がないメリットを生かしながら、2連戦で勝利できるチームを作るべく、獅子奮迅の働きを期待したい。

取材・文●元川悦子(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)