J2琉球が提携クラブからベトナム人2選手を期限付きで獲得! 「私にとってJリーグでの大きな挑戦」

J2琉球が提携クラブからベトナム人2選手を期限付きで獲得! 「私にとってJリーグでの大きな挑戦」

琉球がベトナム人2選手の期限付きでの加入を発表した。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)



 J2のFC琉球は1月24日、ベトナム1部リーグのサイゴンFCから、MFブー・ホン・クアンとMFファム・バン・ルアンの期限付き移籍での加入を発表した。

 かねてよりアジア事業展開をビジョンに掲げてきた琉球は昨年2月、サイゴンFCとアジアストラテジックパートナーシップ契約を締結。サイゴンFCが推薦するベトナム人選手の受入れなどの人的交流を主な目的としていた。

 そして今シーズン、ともに22歳のベトナム人プレーヤー2名をレンタルで獲得。加入にあたりブー・ホン・クアンは、「大変うれしく思っております」と喜びのコメントを発表している。
 
「FC琉球にもお礼を申し上げます。たくさんのことを早く学び、チームに溶け込めるように頑張ります。来日したら、FC琉球のために一生懸命練習し、試合でプレーできることを目指します。ベトナムに帰国した後、サイゴンFC並びにベトナム代表にも貢献できるように常に向上心を持っていたいです」

 また、U-23ベトナム代表でもあるファム・バン・ルアンは、「一日も早くチームに溶け込み、日本語を学び、文明的で友好的な国である日本の文化を吸収したい。これは私にとってはJリーグでの大きな挑戦となります。自分の課題を克服し、サッカー人生においてベトナム代表としてプレーするという私の夢を叶えるために、勇気を持って努力したい」と力強い意気込みを語っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】期待のルーキーを一挙紹介! 2022シーズンJクラブ加入の「高校・ユース&大学」の新卒新人をチェック!
 

関連記事(外部サイト)