44本打って1ゴール…メッシがシュート成功率で欧州5大リーグ、ワースト2位を記録。唯一下回ったのは46本打ったDF

44本打って1ゴール…メッシがシュート成功率で欧州5大リーグ、ワースト2位を記録。唯一下回ったのは46本打ったDF

ここまでリーグ・アンでは、わずか1ゴールに留まるメッシ。後半戦での巻き返しに期待したい。(C)Getty Images



 驚きのデータが判明した。

 昨夏に少年時代から過ごしたバルセロナを電撃退団し、パリ・サンジェルマンへと加わったリオネル・メッシ。新天地でも変わらぬゴール量産が期待されたが、ここまでチャンピオンズ・リーグでこそ5戦・5発と、さすがの決定力を見せつけているものの、リーグ・アンでは12試合で、まさかの1ゴールに留まっている。

 その結果、英紙『Daily Mail』が1月25日付けで伝えたところによれば、欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)において、シュート数とゴール数の比率はワースト2位に。シュート44本で1点という記録となっている。
【動画】エリア外から左足を一閃! メッシ唯一のリーグ・アンでのゴールは鮮烈なゴラッソ
 ちなみにアルゼンチン代表FWの数値を唯一下回っているのは、マンチェスター・シティのジョアン・カンセロだ。イエローカードの累積により欠場した一戦を除き、リーグ戦全試合に先発しているポルトガル代表DFは、メッシの955分に対して2115分プレーし、46本のシュートを放った。ゴール数はメッシと同様に1点のみとなっている。

 開幕当初は怪我にも悩まされ、なかなかトップフォームを取り戻せなかったが、徐々にフランスの地に適応しつつあるメッシ。後半戦で一気にまくることはできるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

関連記事(外部サイト)